Windows 10インストール時にエディション選択を強制的に出したい

Windows 10をインストールする際に、エディション選択を強制的に出したい場合があります。

例えば、デジタル認証でWindows 10 Homeがプリインストールされたマシンので、さらにプロアップグレードキーをパッケージで買った場合などです。

この場合、クリーンインストール時はまずHomeをインストールし、さらにProアップグレードをしなければならず、非常に手間と時間がかかります。

最初からProをインストールできれば、時間はかなり減らせます。

 

しかしデジタル認証のプリインストールマシン(マシンにシリアルコードシール -COAシール- が貼ってないタイプ)の場合、クリーンインストールしようとすると、エディションを聞かれず元のエディション(Homeなど)でインストールが始まってしまいます。

選択できません。

 

そういったときに強制的にエディション選択画面を出す方法です。

インストールイメージにファイルを一個足すだけ

実は意外に簡単です。

まずはWindowsのISOなどをUSBに展開し、インストールイメージを作成します。

次に「ei.cfg」というテキストをファイルを作成します。中身は以下の通り。

[EditionID]
[Channel]
Retail
[VL]
0

詳しい内容についてはMicrosoftのこちらのページをご覧ください。

 

要はエディションなどを指定してインストールさせるためのキーファイルになるわけです。空白にすれば選択画面が出ます。逆にエディションを書き込めば、デフォルトで指定できるわけですね。

このファイルをインストールイメージの「sources」フォルダに入れます。ルートではありません。ご注意ください。

 

この設定をしてクリーンインストールを始めれば、プリインストールマシンでもエデイション選択画面を出すことができます。

コメント