Parallelsが10にバージョンアップ!さっそく新旧比較ベンチマーク&レビュー

スポンサーリンク

Parallels_Desktop_10

Mac仮想化ソフトParallelsがバージョン10になりました!

一般販売は8月26日より、アップグレードは20日からで、

  • 新規インストール版は8,500円
  • アップグレード版は日本円で5,300円

です。

購入はParallels 公式サイトから。

VMware Fusion、VirtualBoxと比較し、グラフィックスに強いParallels(パラレルス)。さっそくバージョンアップ版を購入してみたので一つ前のバージョン”Parallels9″とのベンチ比較レビューをしますよ!

記事中の商品/サービス

Macでフル機能のWindowsをカンタンに、安全に動かせる!Mac用 仮想PCソフトの決定版!

必要スペック

まず、Parallels 10の最低インストール条件は以下の通りです。今回からOS Xが10.7.6以上になりますのでご注意を。

また仮想化して使うOSによってはこれ以上のスペックが必要になります。以下はあくまでParallels本体をインストールするための条件になります。

項目必要スペック
CPUCore 2 Duo以上
RAM2 GB 以上
OS XOS X 10.7.6 (Lion) 以降
HDDパラレルス Desktop 10 自体のインストールに 850 MB + 仮想マシン用の容量

ベンチマーク機種

MacBook Pro Retina ’13(Late 2013)

項目スペック
CPUCore i5-4288U 2.6GHz
メモリ8GB
SSD512GB
グラフィックスIntel Iris Graphics 5100

仮想マシンへの割り当て

仮想マシンはWindows 8 Enterprise 評価版にて構築。割り当てリソースは下記のようにしました。

解像度ですがRetinaで非常に高いDPI(HiDPI)となってしまうため、あえて一般的なノートパソコンの解像度である1400×900に絞っています。

項目スペック
CPU2コア
メモリ4GB
SSD60GB
解像度1400×900
GPUメモリ1GB

ベンチマークソフト

3DMark 06

Parallelsは9からDirectX 10に対応しています。DirectX 10なら3DMark Vantageが動くはずなのですが、なぜか読み込みで止まってしまうため3DMark 06としました。

少し調節をしてみて、動くようでしたら後日Vantageのベンチも行ってみようと思います。

Parallels 9 ベンチマーク

まずは過去のバージョンとなるParallels9のベンチマークです。

Windows_8_-_ハードウェア

 

いつも通りのなめらかな描画。オブジェクトが少ない場面では30fps前後も出ていました。

3DMarkスコアは 4873

軽いゲームなら動かせそうですね。

Parallels 10 ベンチマーク

続いて最新のParallels 10のベンチマークです。描画速度はどうでしょうか?

Parallels9と比べて細かな描画の場面で速度低下が起こりにくい感触です。
全体的にすこしなめらか感がアップしています。
parallels10 ベンチマーク 004

parallels10 ベンチマーク 007

parallels10 ベンチマーク 011

特性もParallels 9とよく似ていますが、fpsは軽い場面で30fps超えが出ました。

 

parallels10 ベンチマーク 001

結果は3DMarkスコア 5535

なんと13%のアップです!

前回8から9へのバージョンアップではさほど上がらなかった描画速度ですが、今回はグッと上がってきましたね〜!すごいです。

 

Parallels10 ハードウェア

さらにParallels 10ではなんと最大2GBまでビデオメモリが割り当てられます。今回は公平を期すため1GBの割り当てですが、2GBにすればより高度なソフトが動かせるかもしれません。

WTS的まとめ

大量のゲーム仕事をこなさなければならない僕にとって、DirectX描画速度は非常に重要です。今回も何よりも先に3DMarkベンチを取ってみました。

Parallels10は描画速度の向上も力を入れていますが、今回はOS X Yosemiteへの対応多数のCPU巨大メモリへの対応、サスペンド処理の高速化などに力が入っています。

特にサスペンドはかなり時間のかかる処理。いままでは終了が遅くてイライラしましたが、かなり早くなっています!今までが15秒ぐらいだとすると5〜8秒ほどで終わっている感じ。

次回からこのような機能を見ていきます。