VMware Fusion 当サイト限定の割引クーポンはこちら!最新キャンペーンも紹介!

VMware Japan オンラインストア

OS仮想化の先端を走るVMWare(ヴイエムウェア)

MacでWindowsが動かせる「VMware Fusion」の最新キャンペーンやクーポンを紹介しています。

 


hp-coupon-5%※当サイト(WorkToolSmith)限定!5% OFFクーポンコード

クーポンコード: WORKTOOLSMITH12VMW

※クーポンは必ず上記リンクから移動し、ご利用ください。他のサイトを見たあと(他のサイトに移動するなど)でクーポンを使うと、注文が無効になる可能性がございます。

(クーポンの「_」(アンダースコア)や記号なども入れてください。コピー&ペーストすると確実です。)

 

OS仮想化とは?

OS仮想化とは、基本のOSの上でまったく違うOSを動かしてしまう技術です。

たとえばMac上でWindows、Windows上でLinuxなどまったく接点のないOSを動かすことが可能です。

VMwareを使わずとも1つのパソコンに複数のOSを入れることは可能なのですが(デュアルブート、マルチブート)、インストール自体も、使用にあたっても細かな問題がつきまとい、非常にむずかしくめんどうです。また、操作に失敗するとすべてのデータが消失するなど、危険もあります。

VMwareのソフトを使うことで、まったく別のOSがあたかもアプリケーションを開くように、カンタンに操作可能になります!

いくつものOSを同時実行も可能

開発用Windows、実験用WindowsをMac上で同時実行、なんて芸当も非常にカンタン。

あたかも3台のマシンを同時に立ち上げたような環境をMac状につくり上げることができます。それぞれのシャットダウンや再起動が起こっても、Macはそのまま。

作業を続けながらWindowsの起動を待つことができます。

パソコン代の節約とハードからの開放

Windowsマシンはいくら安くても40,000円前後はします。Windowsマシン2台とMacをそろえたら30万円以上かかるかもしれません。

しかしVMwareを使えば何台ものPCをMac一台で動かせます。

さらに実際のハードはMac一台ですから、Macの故障にさえ気をつけていればOK。5台のWindowsマシンを使っていたら毎月のように問題が起こるかもしれません(笑)。

ストレスも修理代金も大きく節約できますね。

WindowsのVMwareと連携

もう一つの特長は、Windows用VMware(VMware Player)などで作った仮想OSをインポートし、実行できる点。

WindowsのVMware Playerでテスト用OSを作り、Macにコピーして実際のテスト・・・という利用も可能なのです。

コピーするファイルが巨大なので時間はかかってしまいますが、有用な場面は多いはず。

Macで仮想化ならVMware

ということでMacで複数OSがを動かすならVMware Fusionがオススメです。

キャンペーン情報はこちらからどうぞ!>VMware

 

VMware Fusion 10 [最新版]

(※最新のVMware Fusionは、VMWare Japan 公式サイトからのダウンロード販売のみ提供されています。)


※下記サイトでは旧バージョンの「VMware Fusion 5 以前」のパッケージ版のみ販売しています。最新版ではありませんので、購入されないようご注意ください。

Amazon楽天市場で購入 | Yahooショッピングで購入