【WorkToolSmith トラックボール大比較】すべて実機で体験してみた!あなたにぴったりなトラックボールの選び方

マウスの代わりの入力装置として、歴史の長い「トラックボール」

腕全体を動かして入力するマウスと違い、指や手のひらでボールを回転させ、マウスカーソルを移動させる装置です。

マウスよりも利用者は少ないものの、熱烈なファンを持ち、各社からこだわりのあるモデルが販売され続けています。

筆者はたくさんのマウスを乗り継ぎましたが、肩こり、指の違和感がずっと残っていました。ためしにトラックボールにしたところ、大きく改善!特に手首がラクになりました。手首からつながる腕、肩の傷みも改善を感じています。

同じように困っている人に向け、トラックボールをおすすめしよう!と当特集を開始しました。

※法律に基づく表記 上記の感想は筆者自身の体験談であり、装置を利用したことによる健康の改善については使用者ごとに大きく異なります。記事に書いたとおりの結果が得られない場合もありますので、ご了承ください。症状が重い場合はかならず事前に医師の判断を仰ぎ、ご利用ください。

トラックボールの一例(Logicool M575)

 

健康以外にも、トラックボールの使用でこんな効果があります。

  • より正確なカーソル移動で、デザインやCADなどややりやすくなる
  • 装置を移動しないので、狭いスペースでも利用できる
  • 腕を動かさないので、正しい姿勢を取りやすい
  • 常に同じ位置にあるので、キーボードとの往復がラクになる
  • 他の人が使っていない!というこだわり感の演出(笑)

最大の問題はバラエティに富んだ形

マウスと違い、トラックボールは「移動させない」ので形や大きさに制限がなく、マウスよりもはるかにバラエティに富んだ形状になっています。端的にいえば、形や大きさがあまりにバラバラで、全く統一感がないのです

 

選べる楽しさがある一方、一体どれが自分の手にフィットするのか、まったく見当がつかないという悩みが聞かれます。

店頭でも実際に操作できる体験機は2~3個あれば多い方で、全く置いていない店がほとんど。イチかバチかの買いものを迫られます。悩んだあげく、買わずに帰った経験がある人もいるでしょう。

そこで当サイトは、現在販売されているトラックボールを多数購入し、すべてを同一人物が試すことで、より一貫した視点と手の大きさでレビューできるよう配慮しました。

大きさ、機能、形、ボールの回しやすさからクリックボタンの音まで、あらゆる側面からトラックボールの実機レビューを行っています。

この特集があなたのベストな製品選びのお役に立てたら幸いです。

トラックボール レビュー一覧

エレコム IST (Bluetooth / ベアリング支持) トラックボール実機レビュー – かつてない軽い回転を実現
エレコム IST (2.4GHz / ルビー支持) トラックボール実機レビュー – 自然な手の角度が使いやすくボールはスムーズ
Logicool ELGO M575S トラックボール実機レビュー – 操作感良好でマウスからの乗り換えもスムーズ