XServer、wpXがPHP 7に対応!早く使いたいが・・・

PHPの最新バージョンPHP 7がメジャーリリースとなり、ぼくがヘビーユースしているレンタルサーバXServerwpXがさっそく対応しました!(いまご覧いただいているWorkToolSmith.comはwpXを使用中です)

「PHPバージョン切り替え」から設定できます。

スポンサーリンク

wpX

PHPバージョン切り替えから変更

screenshot_0413

XServer

PHP Ver.切り替え → ドメインを選択し、変更

screenshot_0414

導入は慎重に

PHP 7はPHP 5系よりも約2倍、状況によっては3倍以上の速度が出る!という驚くべき結果が、各地で発表されています。これは理論上ではなくて実行上で比較してなのですばらしいですね。

作る側にも使う側にもありがたいですね。やっぱり基本は速度ですよ。

 

PHP 7はPHP 5とかなりの互換性を持っているとはいえ、言語構造として大きく手が加わっていることもあり、思わぬところで動かないコードが出ています。

WordPressもPHP 7に対応していますが、本体は良くてもプラグインやテーマが対応していない場合も多々あります。

「対応したぜ!やったー!」と思って、いきなりXServerやwpXのバージョンを切り替えないようにしましょう!

必ずローカルで試し、全てのプラグイン、テーマが問題なかったら切り替えましょう。最悪サイトが真っ白になって動かなくなります。

 

WTS的まとめ

PHP 7になれば血のにじむような最適化をしなくても、ある程度高速で運営できそうです。非常にうれしいですね!

管理画面も更に早くなるでしょうから、wpXならさらに快適に記事が書けそうです!

wpXレンタルサーバー
エックスサーバー