なぜぼくはMacBook “12からVaio S11に乗り換えを考えるのか?

WTS新商品タイトル

ソニーストア

先日発表されて、現在予約受付中のVAIO S11

まだ実機を触ったわけではないのですが

  • LTEを搭載
  • 打ちやすいキーボードの進化
  • 高精度のタッチパッド搭載
  • 非常に丈夫なボディ

と、かなり「仕事用」を意識した良機種の予感!

ぼくはここ1年ほど、持ち運びにはMacBook “12を使ってきました。OS Xは使いやすく、極薄のキーボード、タッチパッドの使い心地も申し分ありません。

それなのに、VAIO S11、いまかなり欲しくなっています!
2015/12/15 VAIO S11注文しちゃいました!

スポンサーリンク

MacBookの最大の弱点

MacBook “12の最大の弱点、それは速度
Intel Core MというCPUなのですが、これがかなり非力なんです。

例えばAdobe Lightroomで写真をいじったりすると、取り込みから加工処理、出力まで、全体的に遅さが目立ちます。(Core i7のマシンと比べて、ですが)

日常的にも、たとえばメールとSafariを複数開いて調べながらEvernoteにメモを書く、という状況でもカーソルがグルグル回って1、2秒の中断がたびたびあります。気になりだすと気になる。

いちおう中クラスの1.2GHzモデルなんですけどね・・・

 

Macらしいなめらかさみたいなものがちょっと足りないんです。MacBook Proの「ヌルヌル快適!いつも使いやすい!」という感覚にはちょっと遠い。

仮想化ソフトは驚愕の遅さ

そしてもう一つは、たまに使うVMware Fusion。Mac内にWindows環境を作ってしまう仮想化ソフトです。他の人のサポートのために、MacとWindows両方の環境を動かす必要があるんで入れています。

これがメチャ遅い!

例えば新規にWindows 10をインストールするとしましょう。MacBook Proでは、まあ10~15分程度あればインストールから初回起動まで終わります。

これをMacBook “12でやるとインストールの画面が出るまで5分以上、インストールに至っては40~50分近くやってます。orz

 

さすがに待てないのでMacBook Proでセットアップし、その後にMacBook “12にデータを移動して使用しています。

が、動作も遅い!orz

Windows内でMicrosoft Officeを開こうもんなら、フリーズしたかのように時間がかかります。もはや作業不可能に近い。(泣)

ポートがない

そしてもう1点。USBポートが無い
正確にはUSB Type-Cポートが1つしか無い。

Inateck HB4102C USBハブ Review 012

現状まだほとんどのUSBメモリがType-Aですし、その他の機器も同様です。出先でUSBメモリをポイッと渡されて「コピーして返して」と言われても、手も足も出ないのです。

そのためこういうハブ↓を常に持ち運ぶ必要があります。有線LANを使用することもあるので有線LAN搭載の便利ハブです。

Anker USB-C Hub Review 006 Anker USB-C Hub Review 004

常にこれが必要なので微妙に荷物が増えているんですよね。たまにしか使わないUSBポートのためだけに。

あとMacBook “12のUSBポートは充電も兼ねているので、充電しながらデータコピーができないという罠が。データをコピーするのに充電を待たなければならないジレンマ。

デザインも操作感もすべてが良いのに・・・

MacBook “12は、デザイン、最新の極薄のキーボード、性能の良いタッチパッド、すべてが最高だといえます。

MacBook 12 Review 009

ただ、ハードに使用するビジネス用途として見た場合、遅さ、USBポートの不足、バッテリの微妙な足りなさがジワジワとストレスになってきます。

でも替えるとしても、画面の色が悪いAirもいやだし、MacBook Proは重いから家用にしたわけだし、他にないんだよね。どうしよう・・・と思っていたところにVAIO S11です。

全部揃っている。あとは画面だ

VAIO S11は一番下のグレードでもCore i3を搭載、USB Type-AもType-Cも両方搭載し、HDMIもあり、選択で超高速SSDも選べる、と必要な物が全てある。装備だけなら申し分なし!(ちなみにVGAは要らないと思うけどどうなの?これこそUSB拡張でいいんじゃないの?まだまだ使ってる人多いのかなぁ)

もうこの際、使いやすければデザインも目をつぶろう!
(通気口だらけの底面も、冷却できて速ければいい!)

 

ただ、一番気になるのがディスプレイ。

11インチと物理的に小さくなるので画面の狭さをどう感じるか。解像度はFULL HD (1920×1080)なので、精細度は心配ないですが、絶対的な狭さは感じるはず。(今年の中間にLet’snote(10インチのRZ)も買ってみましたが、画面がせますぎて1ヶ月で売っちゃいました。最初はいけると思ったんですけどね・・・)

そして色合い

MacBookの色合いは素晴らしすぎるので、これにどこまで近いか、ですね。(負ける前提で話をしててすみません > VAIO開発者さん)

Windows系はタッチパッドの動きが悪いものが多くありますが、VAIO S11はタッチパッドの精度にもこだわったそうなのでそこにも期待です。MacBookのような吸い付く動きだといいなぁ。

 

全部を満たすことはできないけれど、今欲しい物は全部揃っている、そんな感じです。

 

いま、かなり迷ってます!(また書きますが12月15日に注文しました!もう迷わない!あとはお金の心配だけだ!)

VAIO S11の公式ページはこちら