MacのBootCampはVMware Fusion・Parallelsと比較し、パフォーマンスはどれだけ違うのか?

現在当サイトではMacの仮想化ソフト(VMware Fusion、Parallels、VirtualBox)を詳しくレビューしています。仮想化ソフトとはMacでWindowsなど、他のOSを動かしてしまうソフトです。

 

仮想化ソフトの他に、MacにはApple純正のWindowsを動かす環境「BootCamp(ブートキャンプ)」があります。

  • BootCampと仮想化ソフトはパフォーマンスにどれだけ差がつくのか?
  • また仮想化ソフトとBootCampのメリット・デメリットとは?

詳しく解説いたします。

BootCamp(ブートキャンプ)とは?

BootCampはAppleから提供されているMacの特別機能です。ざっくり言うと、BootCampを使うことによりMacはWindowsを動かすことができるようになります。

ただ、仮想化ソフトとは違い、MacのHDDの中身を2分割しWindowsをインストールします。OS X上で動かすのではなく、Macを「Windows専用機として切り替える」ことができる機能です。

 

下記の図をご覧ください。

BootCampと仮想環境の違い

BootCampと仮想環境の違い

わかりますでしょうか?Windowsが入っている状態が微妙に違います。

大きな違いはWindows、OS Xが同時に使用できるか、できないかの違いになります。

BootCampは同時使用できません
仮想化ソフトは同時使用できます

今回のテストではBootCampを使いますので、MacとWindowsは同時には動かせないことになります。

Mac用のWindows?

ときどき勘違いしている人もいますが、「Mac用のWindows」というものは販売されていません。

BootCampや仮想化ソフトは、Microsoft社から販売されている普通のWindows(Vista、Windows 7、Windows8など)をMacにそのまま入れてしまおうというものです。(OS Xが消えてしまうわけでもありません)

※注意 Boot CampではWindows8は現在サポートされていません。(正式にサポートされました)

BootCampを使うために必要なものとは

BootCampを使うには、

  • Apple社から公開されているBootCamp(OS X 10.6以降には通常は最初から入っています)
  • Microsoft社のWindowsAmazon楽天市場などから購入。オークションでは違反(海賊版)ソフトの場合がありおすすめいたしません。)

この2つが必要になります。

Windowsをそのまま入れるって、どういう意味?

BootCampはMacをマシン中で切り替え、Windows専用機として使用することができます。つまり、マシン(Mac)の全パワーを使用することができます。

反対に仮想化ソフトはOS XとWindowsとパワーを分けあって動きます。片側が重い処理をしていると、もう一方も非常に遅くなってしまいます。

 

メリットとデメリットをまとめてみましょう。

BootCamp仮想化ソフトどちらが良い?
CPUパワー100%使用OS Xと分け合う。最大でも80%ぐらいBootCamp
切り替えMacの再起動が必要ソフトを立ち上げるだけ仮想化ソフト
インターネット問題なし問題なし引き分け
ゲームWindows対応ゲームならなんでもOK高度なグラフィックスを使うソフトは動かなかったり、非常に遅くなったりする。BootCamp
DirectXWindows最新版が使用可能DirectX9までBootCamp
ファイルの受け渡しフォルダ共有、USBメモリ経由など、手順が必要フォルダのように受け渡しできる仮想化ソフト
キーボードMac用キーボードでは操作がむずかしい時がある違いはある程度吸収するが、一部違うキーがある引き分け
画面表示常にフルスクリーンウィンドウ内に表示。フルスクリーンも可能仮想化ソフト
メモリ100%使用OS Xと分け合う。
最大値も割り当てられるが、実質わけあいとなる。
BootCamp
問題はほとんどないが、たまにこもった音に聞こえる時がある。(ドライバの影響?)問題なし。仮想化ソフト

 

目に見えるところだけを書き出してみました。
なんとなくメリット、デメリットは感じられますでしょうか?

では、いよいよ実際にBoot Campを使ってみましょう。