そんなに不振か!? Surface RTがキャッシュバック iPad乗り換えキャンペーン開始

Microsoft-Surface-RT

先日全モデル1万円引きの価格見直しをしたWindows8 RT搭載のタブレット「Surface RT」。

その価格の上でさらに5,000~1万円のキャッシュバックをするキャンペーン「iPadからSurface RT乗り換えキャンペーン」を開始!

うーん、そんなに不振なのだろうか・・・

image

Surface RT キャンペーンのページヘ)

Surface RTの現状

Windows8 RTを搭載した”純正”タブレット!

として派手に登場したSurface RT。

Office RTも搭載しある程度の業務を行えそうだということで、業務に弱いiPadからの乗り換えを狙っていたのでしょうが、なんだかイマイチ広がりを見せません。

慢性的なアプリ不足

とにかく言われていることは慢性的なアプリ不足

アプリを作る人はたいてい収益を考えています。

WikiによればiPadの累計全世界出荷台数は1億4000万台ということ。そうすると、「1本売れば100円の儲けだから0.1%のユーザーが買ってくれれば14000人だから、140万円儲かるな!」という感じで想像ができます。

もちろんアプリのデキも十分関係ありますし、収益も皮算用ではあります。

ただそんな収益の予想も、iPad(iPhone)の持つ幅広く大きなユーザー層があって初めて考えられること。Surface RTの(現状)かなり狭いユーザーの中では予想もできません。

儲けの予想がつかないソフトの開発に企業は投資できません。

参入会社が少なくなる→開発者が少なくなる→アプリが少なくなる→ユーザーが少なくなる・・・

こんな悪循環に陥ってしまいます。

現状のWindows RTはまさにこの状況。Microsoftとしてはどんな手を使ってでもてユーザー層を広げたい!ということなのでしょう。

WTS的まとめ

個人的には非常に注目しているマシンではあるのですが、いまいち購入に踏み切れません。

今回のキャンペーン、どれだけ成功するのか気になるところです。

image

Surface RT キャンペーンのページヘ)