MacBook Airで有線LANとアナログRGBが手軽に使える! Traum Ringレビュー

Traum Ring + MacBook Air 写真
スポンサーリンク

あの〜古いプロジェクターと有線LANしかないんですが・・・

プレゼンや会議などで他の会社でパソコンを使う時があると思います。そこで注意したいのが「映像端子」と「LAN」。

 

僕が近所の公民館でセミナーをしようとした時のこと。

「プロジェクターあり」「LAN使用可能」となっていましたが、実際に行ってみるとプロジェクターはかなり古くアナログRGB接続、LANも有線のみ!

MacBook Airでは映像とLANで2つもアダプターをつけなければなりません。USBポートも2つしかありませんからUSBハブも持っていかなければならないことに・・・

 

今日はそんな問題を1台で解決してくれるTraum Ring」をご紹介します。

Traum Ring 端子

端子の問題

時代の流れでアナログRGBの端子もだいぶ少なくなってきました。(パソコン側もモニター側も)
最新の機種ではほとんどHDMI、DVIポートに置き換わってきています。

プロジェクター写真

ただプロジェクターは機材としても高価で、頻繁に買い変えるものではありませんから、いまだにアナログRGBしか使えない機種も多く稼働しています。

社内LANにしても、有線しかないというところはけっこうあります。(セキュリティ的な意味もあり)

有線LAN 写真

 

そうなると、常に映像とLANのコンバータを持ち歩かなければなりません。

USB1つで映像もLANも

そんな端子問題の解決策となるのがMTMコミュニケーションズさんから販売されている「Traum Ring」(Amazonでは”USBでMAC・Surface Pro・ウルトラブック・Windows8タブレットにディスプレイとギガイーサネットを拡張”という長い名前になってますが・・・)

USB一つからアナログRGB、有線LANが取り出せるスグレモノです!しかもMacとWindows両対応!

さっそくテストしてみたいと思います。

製品を確認

箱です

Traum Ring 箱

 

付属品

簡単な説明書、USB3.0ケーブル、ドライバCDが付属

Traum Ring付属品

 

Traum Ring本体

本体は小さい!手のひらサイズです
この大きさならかさばることはありません。

Traum Ring 大きさ比較

 

重量はたったの42グラム。(実測・ケーブル含まず)
出張時など重くなりがちな荷物のなかでも安心ですね。

Traum Ring 重さ

 

というか、こんな大きさで本当に画面出力もLANもできるのか?

 

Macでの使用感

まずはMacで確認です。

Macはかなり前の機種からアナログRGBは廃止されています。
アナログRGB出力アダプタとしても貴重です。

ドライバをインストール

Traum Ring Driver Mac

 

USBに挿すとすぐにマルチモニタとして映りました!

Traum Ring + MacBook Air 写真

おお、手軽だ!
特殊な装置なので試す前はかなり手こずると思っていましたが、拍子抜けするほどカンタンです。

 

有線LAN

有線LANも接続してみたところ1GBpsの速度が出ています。USB3.0対応なので帯域も問題なさそうですね。

traum-ring-048

Traum Ring Mac リンク速度