GPU搭載 Ryzen”Renoir” 4000番台発表!DeskMini A300への対応は?

GPU搭載 Ryzenに新しいファミリ「4000シリーズ」が加わります!

Zen 2コア採用で、GPUを搭載する「APU」タイプ。8月8日 11時から発売予定です。当面はパッケージのないバルク商品となる様子。単品で販売されるかは不明です。

発表されるのは3モデル。

ただしモデルナンバーは正式発表されておらず、広くウワサされているものを採用しています。GPU搭載タイプは末尾が「50G」となるようです。

モデル
(すべて想定型番)
コア / スレッド動作クロック
/ ブーストクロック
GPU予想価格
Ryzen 7 4750G8/163.6GHz / 4.4GHzRadeon Graphics 839,980円
Ryzen 5 4650G6/123.7GHz / 4.2GHzRadeon Graphics 726,980円
Ryzen 3 4350G4/83.8GHz / 4.0GHzRadeon Graphics 619,980円

TDPは全モデル65Wの予定。ソケットはAM4。

また、モデル名は「Pro」が付くものになるかも。(Ryzen 7 Pro 4750G)

 

現行ではAPUタイプのRyzenは、Ryzen 5 3400G(4コア/8スレッド)が最大スペックとなりますので、選択肢が一気に増えます

特に8コア16スレッドとなるRyzen 7が選べるようになったのがうれしい。ノート用Ryzen 9、Ryzen 7でも驚くほどの高性能を出しているだけあって、小型PCでも十分な性能のマシンが組めるはず。

超小型ゲーミングPCの実現に、ワクワクしますね!

DeskMini A300の対応は?

そこで気になるのが、僕も使っている超小型ベアボーン「DeskMini A300」への対応

DeskMini A300 + Ryzen 5 3400Gで片手サイズの超高性能マシンを作る!【購入~組み立て編】

https://worktoolsmith.com/deskmini-a300-ryzen5-3400g-review-1/]

 

発売されたらすぐにRyzen 7を積んで遊びたいところですが・・・もしかしたらダメかもしれない。

というのも、今回の3モデルはAMD 500シリーズチップセットが”必須”という話。

DeskMini A300のチップセットは、モデル通りの「A300」。300シリーズの最小スペック版になります。400シリーズならBIOSアップデートで対応する希望がありますが、さすがに2世代離れていたらきびしいでしょう。

ASRockさんから500シリーズのDeskMiniが出るまで待ちとなりそうです。

もしDeskMini A300と同じ大きさで出できたたら、ぜひ乗り換えたい!

ですが、コア数が倍になるので熱の問題もありそう。4000シリーズは省電力とはいえ、さすがに8コアを低温で動かすのはむずかしいでしょうね。

 

当面は通常マザーで遊びたい人向けになりそう。8月11日の発売を楽しみに待ちましょう!

 

 

コメント