M.2 SSDのヒートシンク固定にはポリイミドテープが使いやすい

どうも、太田アベル(@LandscapeSketch)です。

かなり一般的になってきたM.2 SSD。ノート型はもちろん、デスクトップPCでも高速化と配線削減のためにM.2 SSDを採用する例が多くなってきています。

M.2は高速で小型&薄型で非常に使いやすいのですが、唯一の問題が「発熱」

 

SATAタイプはそんなに熱くなるものはありませんが、NVMeタイプは発熱がすごいです。3000MB/sを超える超高速タイプになると、50℃、60℃、70℃(!!!)と、とても素手では触れないような温度になっていきます。

発熱が多いと、アクセス速度をわざと落として熱を下げる「サーマルスロットリング」という機能が働き、速度が落ちてしまいます。また常に高温状態となれば、機械寿命にも多少なりとも影響があるでしょう。

超高速タイプのM.2 SSDにはヒートシンクを付けた方が性能を維持できます

今日はそのヒートシンクの固定方法についてです。

熱吸収体が熱でずれる

ヒートシンクはAmazonでたくさん販売されています。

こういうやつ。

 

形はどうあれ、だいたい同じように冷やせます。

高額なものはファンが仕込まれていたり、両面から金属でサンドイッチして、ネジで留めるなど、凝った構造のものが多いです。熱の発散力がより高くなっています。

 

僕はSSDの数が多いので、普通のヒートシンクと少し厚めの熱伝導シリコンパッド(1mmぐらいの厚さでプルプルしているやつ)を、なるべく安く購入して使用しています。

薄い両面テープタイプよりも厚みがある方が、高さの違うチップでも平均的に密着できます。でもまあ、違いはおまじない程度だと思います。

 

で、この熱伝導シリコンパッドですが、高い熱が加わり続けるとやわらかくなります。そのせいで、垂直に設置するM.2 SSDでは、ヒートシンクがだんだんとズレて落ちてきてしまうのです。

話が長くなりましたが、ようやっとここで今日語りたいアイテムの登場!

これが耐熱、非電導性のテープ「ポリイミドテープです!

Amazonで600円ほどで買えます。

 

 

巻いた状態ではブロンズ色に輝いて見えます。

 

はがすと黄色です。専門的には「アンバー色」というようですね。

 

最大300℃ほどまで耐えられ、非電導性なので基盤がむき出しのM.2 SSDにも最適。こいつをこんな風(↓)に、ヒートシンクとともに横からぐるっと巻くように留めれば、長期間ずれることはなくなります。

 

ちなみにシリコンリングで輪ゴムのように留めるものもありますが、長期間使っていると劣化して、けっこうな確率で自然に切れてます

SSDを変えたりして付け直すと、2回か3回で耐えられず切れます。最初も堅くて付けにくいので、最近は全く使っていません。全部ポリイミドテープです。

ポリイミドテープは切れることはありませんし、たくさんあるので何度でも貼り直しできます。オトク。

WTS的まとめ

M.2 SSDを取り付けるなら、ポリイミドテープおすすめです!

いろいろな幅が売っていますが、M.2 SSDには10mm~25mm幅が使いやすい。

 

コメント