GPU内蔵Ryzen 4000シリーズの発売とASRock DeskMini新型 X300発表!

ついにZEN2コアを採用したGPU内蔵Ryzen 4000シリーズが発売されました。

基本的にバルク扱いと言うことで、ほとんどの店ではUSBカードやマザーボードとのセット販売となっています。

単体での販売が確認できたのはパソコン工房

発売後は一瞬で売り切れとなりましたが、お盆明けの本日(8月17日現在)では3グレードとも再入荷しており、注文可能でした。たぶん入荷数はそれほど多くないと思われますので、すぐにいじりたい人は早めの行動がよさそう。

またモデル名は「Pro」付きとなっています。

モデルコア / スレッドクロック (最大)L3キャッシュ内蔵GPU
Ryzen 7 PRO 4750G8 / 163.6GHz (4.4GHz)8MB2,100MHz
Ryzen 5 PRO 4650G6 / 123.7GHz (4.2GHz)8MB1,900MHz
Ryzen 3 PRO 4350G4 / 83.8GHz (4GHz)4MB1,700MHz

 

価格としては下記のようになっています。すべて2020/8/17現在。すべてパソコン工房(売り切れ)の価格。

モデル価格(税別)価格(税込)
Ryzen 7 PRO 4750G39,980円43,978円
Ryzen 5 PRO 4650G26,980円29,678円
Ryzen 3 PRO 4350G19,980円21,978円

ほかにはドスパラがマザーとのセットで販売アークも同じくマザーとのセット販売をしています。

Amazon、Yahoo!ショッピング楽天市場には少数ながらパッケージなしのバラ売り品が出ています。

DeskMini A300ではBIOSアップデートで対応するものの・・・

GPU内蔵Ryzenということで、やはり搭載したいのはDeskMiniを初めとする超小型マシン。

 

超省電力CPUでは性能が物足りない、かといって外部GPUスロットがあるような大きなマシンを使いたくないという人には、DeskMiniはうってつけの選択。

とはいっても、現状販売されているDeskMini A300はチップセットが2世代前のローエンド版。Ryzen 4000シリーズは搭載は無理だろう、と当サイトでも予想していましたが、なんとBIOSアップデートで対応可能に!

ただし、ASRockからは「正式対応ではない」という表明がされています。

ソフトウェア的な部分だけではなく、電源回路など安定動作に必要な部分がA300では足りていないとのこと。やはり2世代の差は大きい。

 

2020/8/18追記

ASRockのDeskMini A300の公式サイトからは、”Renoir”対応の3.60Lが削除され、現在はダウンロード不可能です。HKEPC.comのサイトから、”Renoir”対応「と思われる」最新の3.60Nがダウンロード可能ですが、完全なノンサポートです。

BIOS更新失敗はもとより、ベータ版ゆえにシステムが不安定になる可能性もあります。文鎮化してもいいから最新のモノを試したい!という人のみお試しください。当サイトでも試していませんので、一切の責任は負えません。

HKEPC.comの該当ブログ

HKEPC.comのダウンロードページ

 

DeskMiniは新型X300にて4000シリーズに正式対応

まもなく4000シリーズに対応したDeskMini X300が登場予定のようですので、新しもの好き以外はX300を待っていた方がいいでしょう。発売は秋ごろとのこと。

PCショップ ARKにてDeskmini X300の予約が始まりました!

CPU同時購入ならなんとCPUが大幅割引!Ryzen 4000シリーズは同時購入なら1,100円の割引となります!数量限定!

大きさはA300とほぼ変わらない様子。

仕様を見ると、SSDのGen 4は未対応。Gen 3 x4までとなっています。

メモリは4000シリーズの場合3200Mhzまで対応。3000、2000シリーズは2933Mhzまで。Ryzenはメモリ速度でパフォーマンスがアップする場面が多いので、3200Mhzへの対応はうれしいですね。

 

ただちょっと疑問に思うのがAMD X300というチップセット。

X300チップセットはA300と同世代になります。A300がA320の省機能版で、X300はX370の省機能版のようです。オーバークロックの可否などわずかな違いはありますが、A300と大差はありません。

どちらも2世代前ということに変わりはありません。もともと少ない機能しか搭載していないので、2世代前でも大丈夫ということなのでしょうか。

ちなみにDeskMini X300も、ACアダプタの容量はA300と同じ120Wです。マザーの電源回路の再設計など、わずかな変更だけかもしれませんね。

WTS的まとめ

Ryzen 7 PRO 4750Gは8コア/16スレッドとなり、グラフィック作業にも対応できるほどの能力を持ちました。超小型PCでも十分なスペックを実現できます。

正式対応のDeskMini X300の発売が待ち遠しいですね!

 

 

 

コメント