雄踏町の歴史調査 金山天神社について

僕の出生地であり地元である、浜松市西区雄踏町の調査をしています。

 

雄踏という名前の由来となったといわれる「おぶみ村」。(おぶみの漢字については数種類の説あり)

伝説ではクマソ(熊襲)成敗のためにヤマトタケルノミコト(日本武尊命)が西方からやってきて、現在の金山天神社付近で休憩。

休憩後、(部隊に?/自分に?)気合いを入れるため足を踏みならし勝ち鬨を上げたことから、「ヤマトタケルが々しく踏みらした地(または雄々しく第一歩を踏み出したとも) 」=「おぶみ村」と呼ばれるようになったそう。

おぶみ村がなまり「宇布見(うぶみ)村」となった説も濃厚。ちなみに僕の在所は雄踏町宇布見です。

さらに明治22年、宇布見村と山崎村が合併し「町」と制定される際に、「ゆうとう」と読み替えられ「雄踏町」となったようです。

 

その金山天神社がどこにあるかというと、なんと雄踏図書館のすぐ裏にあるんですね!

 

図書館のこの静けさは、金山天神社の静けさから通じているのでしょうか。

 

雄踏図書館は7~8mの丘の上にあります。古代からここは小さな丘だったようです。何もない時代、きっと広々とした平地が見渡せたのではないかと、しばし古代の風景に思いを馳せます・・・

図書館を通らなくても、神社正面に石の階段があり、直接境内へ入れます。いやむしろこちらが正規の参道ですな。

子どものころはここの石垣を登って怒られました。まあ普通に危ないですよね。自分が親だったら絶対に登らせません。(笑)

小学校の石垣も登って怒られました。当時、もしボルダリングがいまほどメジャーになっていたら、きっと教室に通いたいと言っていた思う。もちろんいまはちゃんとしたボルダリングの施設で登っています。

 

金山天神社の石碑と由来の立て札。ヤマトタケルの一説が書いてあります。

図書館に行った際に拝んでいくと御利益があるかも!

金山天神社の立札。由来にヤマトタケルの話が書いてある。

 

ちなみに雄踏図書館に入ったところにも、2mほどのヤマトタケルの像が置いてあります。雄踏町には大切な伝説のひとつとなっています。

 

雄踏近辺でのヤマトタケルの伝説は「おぶみ伝説」ぐらいしか見つからず、もう少しディテールがないのか、まだ調査を続けています。

コメント