雄踏町の歴史調査 長者平遺跡(ちょうじゃびらいせき)について

僕の出生地であり地元である、浜松市西区雄踏町の調査をしています。

 

雄踏町の高畑地区にある「長者平遺跡」。読みはちょうじゃだいら、ではなくちょうじゃびら

雄踏図書館所蔵の「長者平遺跡・鹿小路遺跡発掘調査報告」を読んでいます。

長者平はその名の通り、むかし大金持ちの長者が住んでいて、羽振りの良い生活をしていた。しかし内情は火の車で、後年は土地を放棄してどこかへと流れていったらしい。その土地を長者平と呼ぶようなったとか。この逸話はまた調べてみようと思う。

長者平遺跡は浜松市の蜆塚遺跡とも通じる、縄文時代の遺跡。石鏃が多く出土し、多数の土器の破片や石器も見つかっている。破片は壺や器の一部だということが判明している。

銅鐸や埴輪は出ていない。

コメント