雄踏町の歴史調査 長者平遺跡(ちょうじゃびらいせき)について

雄踏町の研究タイトル
当サイト主催者 太田アベルの出生地であり地元である、浜松市西区雄踏町の調査をしています。子どもICT学習クラブあつまれ!ゆうとう生の活動記事です。

 

 

雄踏町の高畑地区にある「長者平遺跡」。読みはちょうじゃだいら、ではなくちょうじゃびら

雄踏図書館所蔵の「長者平遺跡・鹿小路遺跡発掘調査報告」を見つけ、読んでいく。

長者平はその名の通り、むかし大金持ちの長者が住んでいて、羽振りの良い生活をしていた。しかし内情は火の車で、後年は土地を放棄してどこかへと流れていったらしい。その土地を長者平と呼ぶようなったとか。この逸話はまた調べてみようと思う。

長者平遺跡は浜松市の蜆塚遺跡とも通じる、縄文時代の遺跡。石鏃が多く出土し、多数の土器の破片や石器も見つかっている。破片は壺や器の一部だということが判明している。

銅鐸や埴輪は出ていない。

蜆塚とのなにかしらつながりがあったのか、古代の周辺の様子はどうだったのか、もう少し調べてみたいと思います。

あつまれ!ゆうとう生 活動レポート

目的

雄踏町の貴重な遺跡の1つ「長者平遺跡」について理解を深める。

活動内容

雄踏町立図書館で資料を集め、記録を調査する。

成果

実際の調査班がまとめた「長者平遺跡・鹿小路遺跡発掘調査報告」を発見。出土した土器や石器がどのような形だったのか、理解を深めた。
土器はほとんどがバラバラで、発掘の苦労がわかった。

あつまれ!ゆうとう生 他の活動記録

雄踏町の歴史調査 長者平遺跡(ちょうじゃびらいせき)について
雄踏町の高畑地区にある「長者平遺跡」。読みはちょうじゃだいら、ではなくちょうじゃびら。 雄踏図書館所蔵の「長者平遺跡・鹿小路遺跡発掘調査報...
雄踏町の歴史調査 遠州弁について
僕は20代のころ日本全国を一人旅で回っていました。基本的にはドミトリーとか雑魚寝の安宿を狙って泊まっていました。 ドミトリーには一人旅の人...
寺施餓鬼がはじまり、今年もお盆の季節です
お盆の季節がやってきました。今年も暑い! 雄踏町でも、それぞれの寺とそれぞれの風習でお盆の行事が行われます。 実家の寺では、本日は水向けの行事。8/...
歴史調査 浜松市姫街道と銅鐸の歴史民俗資料館をチェック
今回は浜松市北区細江町気賀にある「浜松市姫街道と銅鐸の歴史民俗資料館」をチェックします。(公式サイト お問合せ先はこちら) ここ細江町から...
雄踏町の歴史調査 金山天神社について
雄踏(ゆうとう)という名前の由来となったといわれる「おぶみ村」。(おぶみの漢字については数種類の説あり) 伝説ではクマソ(熊襲)成敗のため...

コメント