128GBメモリ?USBメモリのこと?いいえ、メインメモリです ドスパラから超大容量メモリ Raytrek 128登場

ノートでも64GBメモリを搭載できる時代になりました。

じゃあデスクトップはどうなるの?

という質問に応えたかったのかどうかは知りませんが(無責任)、ドスパラから128GBものメインメモリを搭載したraytrek 128が登場です!

スペックは

  • OS:Windows 8.1 Pro Update 64bit のインストール
  • CPU:インテル Core i7-5820K (6コア/定格3.30GHz/TB時最大3.60GHz/L3キャッシュ15MB/HT対応)
  • グラフィック:NVIDIA Quadro K620 2GB (2画面対応/DVI x1, DisplayPort x1)
  • メモリ:128GB DDR4 SDRAM(PC4-17000/16GBx8/4チャネル)
  • ハードディスク:1TB HDD (SATA3)
  • 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
  • マザーボード:インテル X99 チップセット ATXマザーボード

となっています。

価格は299,980 円(税別)。

128GBメモリという迫力なので、50万円とか言われるかと思いましたが、意外に30万円切りで一般人でも(無理すれば)買える価格でした。

CPUは6コア12スレッドもの並列処理を可能にする、Core i7のハイエンドシリーズCore i7-5820K。性能は高いのに価格はコンシューマのi7-6700Kとあまり変わらないことから、最近かなり人気を集めています。

学術計算、3Dグラフィックレンダリング、4K動画編集など、高度でハードな使用環境にピッタリでしょう。 そういった業務用としてなら、30万円という価格はむしろ安価とも言えるでしょう。

もちろん「とにかくアホみたいにメモリを積んだデスクトップがほしいゼ!」(ォライォライ)

というメモリ・エンスージアストなあなたにもピッタリです。
そう、たとえインターネット・ブラウジングしかしなくても。

ドスパラ 128GBメモリ搭載 raytrek 128のクーポンはこちらから!

ドスパラ 最新機種!