ド基礎からの Godot 入門 [日本でもGodotを盛り上げたい!]

完全無料(!!)で2Dゲームも3Dゲームも作れる!

いま世界でぐんぐんと知名度を上げているゲームエンジン「Godot(ゴドー)

最近のゲームジャムでは、Unityに続いて2~3番目に使用者が多くなってきています。また商業ゲームの世界でも、中規模クラスのゲームにGodotが採用される例も増えてきています。

コミュニティ主導のオープンソースプロダクトで、多数のゲーム好き開発者によって開発されています。

 

筆者はこの雰囲気を、まるでBlenderの盛り上がり時と同じように感じています。(ブレンダー: 完全無料の3DCGソフトでありながら、いま映画シーンにも活用例が増えているソフト)

Blenderは、最初はMayaやCinema 4Dと比べ機能や操作感で否定的な意見が多く、一部では「一生映像現場では使われることはない」などと批判されていました。しかしいまや、映像クオリティ、機能、ユーザー数ともに商業ソフトとそん色ないレベルまで到達し、映像作品に数多く採用されています。

Godotも無料で始められますが、フリーゲームや個人ゲームだけではなく、商業ゲームにもどんどんと採用が増えています。最近はパトロン制(継続的な寄付を募り、寄付者の名前を入れるなど)を採用し、長い継続とさらなるビジュアル表現を目指し、動き始めています。

Godotの道しるべを作りたい

筆者は幼児用のゲームを作ることを決意し、Unity、Unreal、GameMaker 2、PICO-8、LÖVEなどを試した結果、Godotを選択しました。

  • 構造がわかりやすい
  • 規模が柔軟にスケーリングできる
  • 非常に軽量(Windows版:本体たったの73MB!しかも1ファイルのみ)
  • 非常に高速(起動はわずか2~3秒)
  • FULL HDや4Kの映像も出力できる
  • 2Dも3Dゲームも、またはハイブリッドなゲームも作成可能
  • マルチプラットフォーム(Win、Mac、ブラウザ、iOS、Android)にエクスポート可能
  • 一切制限のない自由(無料)で作れる!(MITライセンス)

特に最後の「自由」がポイント。

いますぐに始められ(ユーザー登録すら不要)、完成したゲームは無料で配布しようが有料でSteamに登録しようが、一切の制限はありません。100億円売れても、ロイヤリティーを払う必要すらありません。(Godotは寄付を募っていますので、利益が出たらぜひ貢献を!)

何にもとらわれず、夢のゲームに向かって走ることができます!

Godot 公式サイト

日本語の情報は非常に少ない

良いことばかりのGodotエンジンですが、問題点は、Unityと比べると日本語の情報が非常に少ない点です。有益なヒントや情報が、さまざまなサイトに散らばってしまっています。

そこで、「Godotの盛り上がりを日本にも!」と、このページを立ち上げました。

筆者が学習していく過程で気づいたことや、参考になったコンテンツをまとめていこうと考えています。

筆者自身、プログラマとしての経験はありますがGodotは初めてです。とまどうことや理解できない部分に多く出会っています。疑問点と解決を細かく書いていこうと思います。

記事一覧

[Godot] onreadyキーワードはどういった場面で使うか?
[Godot] 一時スリープ(ウェイト)を実装する!1行で書けます
[Godot] 降順(逆順、後ろから前へ)でforループする
[Godot] 「ノード」とは?ツリーの関係性、影響範囲
スポンサーリンク
あとで読むときはポチッ!▼
WorkToolSmith [ワークツールスミス]