ウォズニアック氏『クラウドは恐ろしい。今後5年以内に問題が多発する』

アップル共同創設者のS・ウォズ氏、「クラウドは今後5年で問題多発」という記事を見つけました。

クラウドがメインの皆さん、どう思いますか?

クラウドなら安全、なのか?

記事には「何もかもがクラウドに走っている現状は、非常に心配だ。とても恐ろしいことになると思う。今後5年間で悲惨な問題がたくさん起きるようになるだろう」とアップルの共同創設者であるスティーブ・ウォズニアック氏は語ったと書いてあります。

同感です。

あっちもクラウドこっちもクラウドの現在。

あなたも何らかのデータをクラウドに載せていると思います。(写真、書類、メモ、予定表、アドレス帳・・・)

「クラウドなら安全」と思いがちですが、自分からはコントロールできない場所へデータを移しているとも考えられます。

ちょうど先日、クラウドシステムをレンタルするファーストサーバーが、「顧客の重大なシステムをうっかりミスで消す」という悲惨な事件もありました。

使い分けと二重化

使い分けが大切です。

私はNAS(ネットワークハードディスク)、ローカルHDDにバックアップしてあり、さらにある程度の期間でメールや重要データはDVDにも焼くというバックアップマニアですが、どこまでいってもデータに「安心」はありません。

消えるときは1秒です。

1カ所のバックアップや貯蔵は必ずリスクがあります。

複数のパソコンで使うデータはクラウドに乗せて使い、クラウドのデータは定期的に外付けHDDなどに保存するという使い方がまず安心です。

消えてからでは遅いです。

ぜひ一度見直してみてください。

コメント

  1. タケ より:

    クラウド任せのほうが安心という場合が多いですが、いつ何が起こるかわかりません。
    定期的にローカルにもバックアップを作ったほうがいいと思います。

    なにか疑問のある方はコメント欄へどうぞ!