AirtegoはMacBook Air用ケースの傑作のひとつ

MacBook Airを買って、やはり最初に考えるのは「保護ケース」。

どこへ行くにも持ち歩きたいですが、美しいアルミボディが傷つくのはやっぱりイヤですよね。いままではZephyr Rhythm Gridさんから販売されているAirtego(エアテゴ)という紙ケースを愛用していました。

今回はどうしようかな?と思って買ったケースがこれ!

やっぱりAirtegoです!

Airtegoクロコダイルホワイト、オーストリッチブラック

Airtegoは質感や色合いがよく、ケースに入れたまま充電できるし、出し入れも簡単。とても良いケースです。

ケースに入れたまま充電可能。細かな工夫がうれしい。

充電はもちろんMagSafe2でも問題なし。
MagSafeは磁石でくっつきますで、出かけるときはパッとケーブルを取るだけ。

今回は別のケースにしようかな、と迷いましたがやっぱりAirtegoを買っちゃいました!

しかも2つ。なぜならAirが2台あるから。(過去記事: MacBook Airが2台になっちゃいましたの巻を参照)

い~い色合い!クロコダイルホワイト

今回購入した1つめはクロコダイル・ホワイト

現在使っているのカーフ・ホワイトはとても気に入っていましたが、完全なホワイトではなく薄いクリーム色でした。

使って1年も経つと全体的にさらに黄色っぽくなってきてしまい、「もう少し白っぽいほうがいいな」と思っていました。

クロコダイルホワイトもちょっと心配でしたが・・・白い!

明るい白でクロコダイル柄が美しい

今回のクロコダイル・ホワイトはまさにワニ革の表情で明るい白です。
(Amazonへのリンク:クロコダイル・ホワイト 13インチ用11インチ用

質感もワニ革バッグのような肌触りで高級感があり、しっとりと冷たい感触が手になじみます。

Airを入れると「仕事してるけど、アソビもイケるぜ?」みたいな悪オトナな雰囲気をかもし出します。ワニ革という派手な模様なのに清潔感すら感じさせる白さが全体をまとめています。

ラフな服装のデザイナーが持っていそうです。

現在カーフホワイトを使っていて、「もっと白さが欲しい!」と思っている人も、買い替えていいでしょう。

そしてオーストリッチブラック

2つめはオーストリッチ・ブラック
ダチョウ革の質感に、かなり濃いブラックのマッチング。

オーストリッチ革の表情そのもので、光を当てると浮かび上がるやわらかな陰影高級感バツグン!

オーストリッチ・ブラック

手に持つとさらっとした温かみのある感触で、ちょっと癒される〜。
(Amazonへのリンク:オーストリッチ・ブラック 13インチ用11インチ用

黒とシルバーの美しいコントラスト

Airを入れると、アルミのシルバーと濃い黒がかっちりとしたすばらしいコントラスト。

クロコダイル・ホワイトよりも知的な雰囲気を強く感じさせます。
シックな服装が好みの方にオススメですね。

スッサッパッ!

出し、入れはワンアクション。横からすっと入れ、取り出しもつかんで引き出すだけ。

出し入れはワンタッチ

私は上が大きく開いたバッグを持っていますので、まさに一瞬で取り出せます。
(防犯上はちょっと問題ありか?)

スッと取り出し、サッと使って、パッとしまう。

起動の早いAirだからできる軽ワザ。Airtegoはそのスピードも実現してくれます。

クッションが入った?

前回は全体的に「ボール紙」な感じで少し硬かったのですが、今回はなんとなくクッションが入っている感じで、内側が少しふかふかしています。

前回はそのクッション性が心配で内側に薄い発泡スチロールを貼っていました。

新型は貼らなくても大丈夫かな?

これはイイ!

Airはシルバーの硬質な質感なのでプラスチックのケースではいまいち合わない気がします。

そこに「紙」と「質感」という発想で作られたAritego

MacBook Airに非常にマッチする一品です。

オススメ!

Airtego(エアテゴ)は直販サイト、もしくはAmazonで。
ご購入の際はインチ数(13, 11)に十分お気をつけ下さい。
(Amazonなら静岡県まで翌日に到着しました。)

コメント

  1. タケ より:

    ケースについての質感や使い勝手などの質問がありましたら、コメントからどうぞ!

  2. […] AIRTEGO13 Crocodile White for MacBook Air 13(エアテゴ) 質感がとても良い、Airがぱっと取り出せる、ケースに入れたまま充電も可能という使いやすいケース。 Airが2台になったので2つ買いました。オシャレですよ! レビュー記事はこちらです […]

  3. […] MacBook Airには現在Airtego(エアテゴ)というケースを使っています。 (レビュー記事はこちらです) […]