XDW_GetPageText

XDW_GetPageTextToMemoryは指定ページのテキストを抽出し、変数に代入する関数でした。

もうひとつ似たような関数でXDW_GetPageTextがあります。

 

例によって移植したヘッダ

function XDW_GetPageText(handle: p_XDW_DOCUMENT_HANDLE; nPage: Integer; const lpszOutputPath: PChar;
reserved: pointer): Integer; stdcall;

 

この関数は何をするかというと、指定ページのテキストをファイルに出力します。

要はテキストファイルができるわけですね。

 

 

handle XDW_OpenDocumentHandleで得たドキュメントハンドル

nPage 出力するページ番号

lpszOutputPath 出力するファイルのフルパスをpCharで

reserved XDW_NULL

 

 

lpszOutputPath はTOpenDialogを使えばカンタンですね。

if OpenDialog1.Execute then
XDW_GetPageText(FileHandle, 1, pChar(OpenDialog1.FileName), XDW_NULL)

 

これで保存されます。

もちろんFileHandleにはハンドルが入っているものとします。