ドスパラから手のひらサイズのCore i5-8265U搭載マシン Tiny Magnate IM が発売

WTS新商品タイトル

サードウェーブ(ドスパラ)から、115(幅)×115(奥行き)×49(高さ) mmという手のひらにのる極小サイズのデスクトップPCTiny Magnate IMが発売されました。

標準装備はCore i5-8265U / 8GBメモリ / 250GB M.2 SSDと、基本性能は高め。ノートPC用の省電力CPUではありますが、4コア/8スレッドを内蔵し、オフィス用ソフトならほとんどが満足できる速度です。

CPUインテル Core i5-8265U (1.60GHz-3.90GHz/4コア/8スレッド)
メモリ8GB DDR4 SO-DIMM
グラフィックスインテル UHDグラフィックス620 (CPU内蔵)
ストレージ250GB M.2 SSD
入出力ポート前面:USB3.2 Gen2(Type-C クイックチャージ対応) x1,
USB3.1 Gen1(Type A) x1,オーディオジャック
背面:USB3.2 Gen1(Type-C Alt対応) x1,USB3.1 Gen1(Type A) x2,
有線LAN x1, HDMI x1, Display Port x1
(HDMIとDisplay Portは同時使用不可)
サイズ115(幅)×115(奥行き)×49(高さ) mm
重量約0.7kg

VESAマウントキットを使えば、ディスプレイの裏に合体させてしまうことも可能です。そうすれば完全に存在が見えなくなり、机の上が広々使えます。

この小ささでもポート類が充実しているのもポイント。USBポートだけでも5ポート(Type-A、Type-C)、さらに映像ポートが2本あります。マウス、キーボード、各種映像機器をハブなしで接続することもできます。

ただ、映像ポート2つは同時使用できず、HDMI + USB 3.2 Gen1 Type C、またはDisplay Port + USB 3.2 Gen1 Type Cの組み合わせでデュアルディスプレイ環境を構築可能となります。

  • 狭い机でパソコンの面積が負担になっている
  • 店頭用PCで本体を隠してしまいたい
  • なるべく小さくし、メンテナンスを手軽にしたい

そんな企業用ユースとしても、価値あるマシンではないでしょうか。

Tiny Magnate IMの公式サイトはこちらから

コメント