ノートにデスクトップCPUを搭載!? G-TuneからNEXTGEAR-NOTE i5702登場

WTS新商品タイトル

G-Tune(マウスコンピュータ)からちょっと変わったノートパソコン NEXTGEAR-NOTE i5702が登場。

なんとデスクトップ用CPUを積んでしまったという、常識をくつがえすような一台。

ノートパソコンには通常、省電力タイプのCPUを搭載します。省電力タイプはバッテリーの長時間化だけではなく、低発熱で面積も小さくできるなどの利点があるからです。

ではなぜあえてデスクトップ用CPUを積み込むのか?

理由はCPUの速度だけではないのです。

スポンサーリンク

グラフィック処理がぜんぜん違う

下記の図はG-Tuneにて公開されている解説図です。

 

まったく処理が違うことがわかります。ノートではOptimus Technologyにより、処理の重さによるGPUの切り替えを実現するためデータが2回GPUを経由する必要があります。GeForceで処理しても最終的にはHD Graphicsで統合されるのです。

特定のゲームやソフトではこの機能のため、画像が乱れたり動かなかったりなどの症状が現れます。

デスクトップGPUを搭載することでGPUから直に映像を出力できるようになり、より互換性が高まるというわけです。

CPU自体もパワフルに

CPUも省電力を気にしないデスクトップ用ですから、よりパワフルになります。

i7-4790Kとi7-4720HQを比較するとおよそ22%アップとなるようです。

GTX 970Mで映像も強力

搭載されるGPUは当サイトでもイチオシのnVidia GeForce GTX 970M。こちらはモバイル版です。デスクトップ用GPUはさすがに発熱が多くて搭載は不可能ですね。

モバイル版といえど処理能力はかなり高いです。3DMark Fire Strikeも6000を軽く超える性能。(NEXTGEAR-NOTE i5700にてベンチマークとレビューしました

WTS的まとめ

グラフィックデザインや3Dデザインなど、プロの現場では互換性を求められます。

いままでのノートでは問題が出た部分も、NEXTGEAR-NOTE i5702ならクリアできるかもしれません。もちろんゲームの互換性と性能もアップするはずです!

NEXTGEAR-NOTE i5702のキャンペーンページはこちら!

image