ひっさびさの正統バージョン!?シムシティが再び帰ってくる

SimCity4パッケージ

simcity-title

2003年に発売された「シムシティ4
もう10年以上前のゲームになります。

しかし2013年のいまでもおもしろい!と感じるゲームです。

私がMacにVMware FusionやParallelsを入れてWindowsを動かしているのも、半分はシムシティ4をやるためです。
あとの半分はもちろん仕事です。嘘じゃないです本当です。

2013年。シムシティは「5」ではなくただの「シムシティ」という原点に戻る名前を冠し、再び帰ってくる!
(以下 新シムシティ とする)

ファンとしてはひさびさに心躍るビッグタイトル!

新シムシティまでの歴史を、まずは振り返ってみたいと思います。

シムシティとは?

シムシティは都市を創るゲームです。

あなたは市長となって、道を引き、鉄道を走らせ、土地に役割を与え、何もない荒野に思い通りの都市を創っていきます。

小さな村に人々が集まり、小さな住宅はやがて大きなマンションに。
雑貨店は大型デパートにと発展し、やがてニューヨークや東京のような摩天楼が築かれていきます。

自分のパソコンの中で小さな箱庭、世界が育っていく。

ミニチュアが動いているようなかわいさと、自分が何かを生み出している楽しさが入り交じった、ずっと楽しめるゲームです。

シムシティ4

そのなかでもシリーズ頂点と言えるのが「シムシティ4

映像の美しさはもちろん、シムと呼ばれる人々の動きのリアルさがたまらない魅力です。

人々の「動き」とは言っても、映像やアニメーションだけのことではありません。

人の流れ、生活感がリアルなのです。

人々は大きな工場があれば近くから通うために工場の近くへ住みたがります。つまり大きな工業地帯の周りに住宅地があれば、たくさんの人が集まります。

しかし工場の排気やゴミなど、環境汚染が悪化していくとだんだんと人が減っていきます。

人の流れは交通機関、地区により刻々と変化する。

人の流れは交通機関、地区により刻々と変化する。

ほかにもバスを通せばバスに乗る人が増え、電車を通せばいままで行かなかったような遠くの地区へ通う人が増えてきます。
逆に公共交通機関がまったくなければマイカー通勤となり、細い道路は渋滞してしまいます。

うまくバランスがとれた地区は大きく発展し、大渋滞が起こっている地区は発展せず、だんだんとさびれていってしまいます。

現実にあなたの街にも、同じようなことが起こっていませんか?

シムシティはまさにリアル=現実を反映したゲームなのです。

まだまだすべてを語るにはスペースが足りませんが、とにかく「シムシティ4は最高」がヘビーなシムシティファンの一般的な認識となっています。

シムシティソサエティーズ

さて問題は2007年に発売されたシムシティソサエティーズ

制作陣がまるごと入れ替わった影響なのか、それともゲームを完全に新しく作りなおそうとしたからなのか原因は分かりませんが、とくかく1~4までのシムシティとは似ても似つかないゲームになってしまっていたのです。

操作方法や街の作り方も多くが変更され、映像のディテールもひどく大雑把な印象。

それでもいままでのファンは「何か新しい試みがあるに違いない」と辛抱強くゲームを続けたが、街が育てば育つほど頻発するソフトのフリーズ、クラッシュにほとんどのプレイヤーに見限られてしまったのです。

現在ソサエティーズは、シムシティの黒歴史としてナンバリングタイトルに含めないという厳しい認識となっています。

今回のシムシティは!?

そして今回発売の新シムシティです。

気になるのは「4とソサエティーズのどちらの色が濃いか?

もちろん私個人としてはシムシティ4のシステムを望んでいますが、「4」が一つの頂点だった以上、それをどう変えても4になってしまうなとも思っています。

従来のファンが期待するベーシックな部分、そして「4」を超えるための新しい部分。

どんな答えを出してくれるのか発売日が待ち遠しいですね!

シムシティの公式サイトには美麗な画像、ムービーが次々と公開されています。

新しい画像やムービーが載っている

GlassBoxという新エンジンがどう活かされるのか?期待が膨らみますね!

必要スペック

必要なスペックはPC、Macの両方が表示されていますが(アメリカサイト)、日本版は当面Windows用のみが出てくるようです。詳しくは先行予約ページを見て欲しいのですが、PCオンリーとなっていますのでご注意を。

SimCity-Jp-Winonly

もしMacでプレイしたい場合は、VMware FusionParallelsなどの仮想環境、もしくはBootCampを使用すれば可能です。

仮想PCソフトの評価は、当サイトの記事で特集していますのでご参照ください。

発売予定日は2013年3月7日。

> シムシティの公式先行予約ページ(Origin)はこちら

「新シムシティ」のAmazonでの予約はこちら

楽天での予約はこちら
(シムシティ4やシムシティ3000などが混ざっていますので、気をつけてください)

上記で紹介している「シムシティ4」はこちらから、安いベスト盤が購入可能です。(Windows用のみ)

PC(Windows)

CPUAMD Athlon 64 X2 Dual-Core 4000+ 以上
Intel Core 2 Duo Processor 2.0GHz 以上
OSWindows XP/Vista/7
メモリ4GB以上
ハードディスク10GB以上
グラフィックカードATI Radeon HD 2×00 以上
nVidia 7800 以上
内蔵グラフィックスの場合、Intel Series 4(4000)以上
グラフィックスメモリは256MB以上
インターネットADSL以上

MAC

(日本版は現在未定。アメリカサイトより引用)

CPUIntel Core 2 Duo Processor 2.0GHz 以上
OSSnow Leopard 10.6.4(スノーレパード以上)
メモリ4GB以上
ハードディスク10GB以上
グラフィックカードNVIDIA 9400M / Intel HD3000 以上
インターネットADSL以上

コメント

  1. esopla より:

    初めまして、新シムシティの情報サイトをやっている者です。面白い記事ありがとうございました。
    こちらのような自分の言葉で書いた記事をあまり見かけないのでコメント残させて頂きたいとおもいます(ゲームサイトのベタ転載はよく見るんですが)。
    さて今作ですが、開発側から「これは4の続編ではない」が「4を好きだと言うのようなコアなファン向けである」とのコメントがあります。個人的には期待大です。
    http://www.reddit.com/r/IAmA/comments/14umm1/we_are_the_simcity_dev_team_from_maxis_amaa/c7gk71q

    PS.VMでSC4が動くとは意外でした。winでは、マルチコアCPUを使っただけで落ちるぐらいだと言うのに。

  2. タケ より:

    esoplaさん、コメントありがとうございます!
    SimCityファンと出会えるのはうれしいですね。

    >こちらのような自分の言葉で書いた記事をあまり見かけない

    うれしいご感想ありがとうございます。
    自分の経験したものだけを書くように努めていますので、これは最高の褒め言葉です。

    >開発側から「これは4の続編ではない」が「4を好きだと言うのようなコアなファン向けである」とのコメント

    うわ、これはすばらしい情報です!
    ソサエティーズの続編だ、なんて言われたら確実に気絶しますね(笑)

    >VMでSC4が動くとは意外でした。winでは、マルチコアCPUを使っただけで落ちるぐらいだと言うのに。

    私もはじめは一か八かでした。
    ですが50万人都市ぐらいまではVMで問題なく動いています。2コア指定でもプレイできてます。

    こちらは後日記事にしようと思っていた内容なのですが、VMware Fusionはソフトウェアレンダリングにしないと大変な画面になります。
    Parallelsはハードウェアレンダリングでもほぼ問題ありません。

  3. […] 大好きなゲームの一つ「シムシティ」ですが、3月7日に新作が発表されます。 […]