14インチノートがわずか29,800円から!驚きの低価格機種がマウスコンピュータから

image

超高性能ゲーミングマシンでも有名なマウスコンピューターから、なんと14インチでたった29,800円(税別)のノート「LuvBook Bシリーズ」が登場です!

ちょっと内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

スペック

まずはスペックです。

項目スペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCeleron N3050 (2コア / 2スレッド)
メモリ2GB
メモリスロット (空きスロット)(2/1)
ストレージ32GB SSD
ディスプレイ14インチ 光沢
解像度1366×768
ポート類USBx3、D-Sub, HDMI
Bluetoothあり
無線LAN(Wi-Fi)802.11 b/g/n
有線LANあり
サイズ340×242×26.5 mm(折り畳み時)
重量約1.8kg

 

OSは最新のWindows 10 Homeを搭載。

CPUにはCeleron N3050というローコストなクラスです。処理速度は少々遅いですが、非常に省電力で低発熱。バッテリーを長持ちさせてくれます。2コアなので並列処理もできます。

メモリは2GB。Windows 10を使用する上では最低限ですね。「軽い」と言われているWindows 10ですが、できれば4GBはほしいところ。スロットが一つ開いているので増設も可能です。

ストレージは32GBのSSDを搭載。

SSDはHDDと比べ非常に高速に動作します。Windowsの起動、ソフトの動作も快適でしょう。ただ容量が少ない!Office 2016などを入れればもうギリギリになってしまいます。クラウドストレージなどをうまく使いたいところです。

何に使えるか?

スペックだけではわかりにくいので、どんな作業が可能か、一覧にしてみました。

  • ◎・・・快適に作業可能
  • ○・・・たまに重い場面がある
  • △・・・かなり重さを感じる場面がある
作業快適度
インターネットブラウジング
メール
学校や塾の勉強
ブラウザゲーム○から△
YouTube
写真管理
DVD映画鑑賞✕ (ドライブがない)
音楽鑑賞
動画編集
事務作業 エクセル、ワードなど
一般3Dゲーム△から✕
写真編集

写真編集や動画編集はできるにはできますが、ストレージがたった32GBなので制限は大きいです。最近の高解像度カメラでは、1000枚で4GBぐらいになりますから、どれだけきついかわかるはず。

また、ゲームもインストールが必要な物はこれまた容量が少なく、入りきらない可能性があります。いままでの経験上、このCPUならドラクエX程度の軽いゲームなら動作可能です。

ちょっとした作業用のパソコンに

流行のタブレットでは、「なにか作ろう」とするとキーボードが必要であったり、マウスが必要になったり、画面が狭すぎたりUSBポートが足りなかったりと、何かと問題が多いもの。

そこでこういったノートタイプのパソコンなら、すべてがフルセットになっている上に、画面も大きく安心です。

あまり重い処理はしないけれど、タブレットよりはいろいろ作業できるパソコンがほしい!という希望にマッチするはずです。

拡張性もある

もう一つタブレットと大きく違うのは拡張性

メモリやストレージは拡張可能ですから、多少の追加費用をかければ劇的に変わります。500GB HDDなら6,000円程度、4GBメモリなら3,000円程度で入手可能です。10,000円以内で「十分使えるノート」にアップグレードできます。

こういった点も見逃せません。

用途に合うなら買い。ただし過度の期待は禁物

ウェブを見たり、買い物をしたり、Officeを使ったりという作業には良いでしょう。ただ容量が少ないので、あれもこれもとアプリを追加するとすぐにいっぱいになってしまいます。

アプリはほとんど追加しない。いつも同じソフトだけ使えればいい。

という使い方ならピッタリでしょう。

 

29,800円のLuvBook Bをいますぐ見てみる

image