FuelPHP 1.3から1.4へバージョンアップ

FuelPHP 1.4が出ています。>FuelPHP

私のサイト(http://mono.gracix.com)もVer.1.4に合わせて調整しました。

今回一番大きいと感じたのは「Pagination」の変更ですね。

(FuelPHPの記事を書きます!読みたい記事を教えて下さい!アンケートはこちら

スポンサーリンク

Paginationの変更

出力テンプレートが設定しやすく。

 

1.3まではスタートタグ、ストップタグをそれぞれバラバラに設定する方法でした。

'template' => array(
  'wrapper' => '<div class="pagination pagination-centered"> <ul>',
  'wrapper_end' => ' </ul></div>',

 

1.4では

'default' => array(
  'wrapper' => '<div class="pagination pagination-centered">{pagination}</div>',

 

として、{pagination} など大カッコで囲まれた部分が置換される処理になったようです。

コードがバラけず見やすくなりましたね。

 

また、テンプレートを複数arrayで定義しておき、’active’キーで切り替えられるようになってます。(これは標準のcore/config/pagination.phpを参照)

 

あと、今まではStaticで Pagination::$offset として取得していましたが、1.4からはプロパティ用の関数も整備され、インスタンスを作ったほうがアクセスしやすくなってます。

$pagination = Pagination::forge('mypg', $config);

$offset = $pagination->offset;  //レコードオフセットの取得

こんな感じ。

 

2.0へ向けて着々とインスタンス主導へ変わっているようですね。