15分の喫茶店でアイデアの強さが変わる!

スポーツの時間感覚で仕事や勉強に取り組めるのが喫茶店です。
P.26

何冊もの本を執筆しつつ大学の講師、テレビへの出演などをこなす日本語の研究家、齋藤 孝さんの本。

非常に多忙な筆者が過密なスケジュール内でどのようにアイデアを出し、形にしていくかを解説しています。

 

いかに集中できる時間を確保し、アイデアを生み出し、具体化していくのか?

解決方法として喫茶店(カフェ)を活用するべしというのが本書の主題。

 

とはいえ、単純に喫茶店へ入れば生産的になるか?というとそれほど大きな変化は望めません。

何のテクニックも無く喫茶店へ行っても、むしろ備え付けのマンガを読みふけってしまい、3時間いても頭の中にはワンピースのストーリーしか残ってないという結末になりがち。

スポンサーリンク

日常で固まりがちな脳を喫茶店で切り替える

本書には必須アイテムからその使い方、創造的な思考法まで「アイデアを創造する」という点に徹底して解説がなされます。

毎日がルーチンワークで消費されてしまい、アイデアなんてありきたりのものしか出ない・・・そんなときにはヒントになるはず。