“壁で語る”家に!武田双雲氏の筆文字を壁紙にして自分を表現する

超がつくほど有名な書道家、武田双雲氏。大河ドラマ「天地人」のタイトルや、セガ「戦国大戦」のタイトルなどでも有名です。スーパーコンピュータ好きには理化学研究所「京」のロゴでも馴染み深い(?)ですね!

ものすごい力強さと、自由闊達な書です。

そんな武田双雲氏の書を、そのまんま「家の壁」にしてしまえるウォールステッカーが発売されました!>武田双雲ウォールステッカー

「夢」とか「らしさ」とかの書が家の壁になっていたら、家そのものがなにか語りかけてくる、そんな気がしませんか?

「この部屋にはこだわったんだよ~~!」という場所には「らしさ」!こだわりのリビングや書斎や趣味部屋みたいなところに合いますね。ここは私の場所!と自分全開にできそうです。

勉強部屋には「」が合いそう。
受験にも毎日気合が入りそうです。

」はやっぱりお客様を通す座敷や客間ですね。
和室には特に合いそうです。

マイホームは皆さん並々ならぬこだわりを持って建てると思いますが、最後の仕上げとして武田双雲氏の書を入れる、そんなのもアリでしょう。こだわりのすべてを一文字にしてお客さんに見せる、カッコいい演出です。

上記で紹介したのはほんの一部なので、ぜひサイトも見てみてください。武田双雲氏のファンならずともチェックしたいステッカーです。

武田双雲ウォールステッカー