WordPressの公開日時(予約投稿)をXServerで設定する

image

WordPressには公開日時設定(未来にタイマーをセットし、指定時間になったら投稿する機能。いわゆる予約投稿ですね)がついています。しかし、ただ指定しても指定日時には投稿されません。

この機能を使うためにはCron(クーロン)という仕掛けを使わなければいけないのです。

今日は私が使っているXServer(エックスサーバー公式ページヘ)というレンタルサーバーでのCron設定方法を紹介します。カンタンですよ!

XServerの設定方法

それでは手順を説明します。

ログイン

image

ログインしたら、サーパーパネルへのリンクをクリック。

Cronの設定画面

XServerへログインし、サーバーパネルを出し、「Cron設定」を開きます。

image

Cronの追加をクリック

下の図では2行の設定がありますが、通常は何もありません。

image

Cronの設定

さて、ここがちょっと重要ですので細かく説明します。

以下の様な画面が出ていると思います。

image

分、時間、日、月、曜日というのはそれぞれ「実行される時間」を示しています。

たとえば、「分」の部分に「20」を打つと、○○時20分 に開始されます。

さらに「時」の部分に「8」を追加すると、8時20分という意味です。

でも、これでは特定の時間にしか実行できないのでは?と思いますが、毎時20分に実行する方法もあります。

それが *(アスタリスク、コメマーク)です。

「*」を使うと、毎回時間が変化するごとに実行されます。

「時」に「*」、「分」に「20」を指定すると、毎時20分に実行 という意味になります。

よほど大量に投稿する人でなければ、WordPressのコマンドは、1時間に1回で十分だと思います。

今回は「毎時00分に毎日実行」の設定をしてみましょう。(0:00、1:00、2:00・・・23:00と実行されます)

image

「分」に「00」

時~曜日まですべてに「*」を入れていきます。数字、アスタリスクは必ず半角で入れてください。

上図のようになれば完了です。

コマンド

次に実際に実行されるコマンドを指定します。

以下はWordPressを「wp」ディレクトリにインストールした場合を想定しています。
またユーザーIDは「example」、ドメインは「example.com」としています。
それぞれあなたの環境に合うように読み替えてください。

/home/example/example.com/wp/wp-cron.php

以下のように設定すれば、毎時00分に予約投稿が行われるはずです。

image

できましたか?

もし動かない!という方はコメント、もしくはこちらのフォームからお問い合わせください。

ただしご注意!下のコメント欄には絶対にユーザー名やドメイン名を書かないでください!
多くの人が見ています。