ついにギガビット無線へ!11ac解禁 Max1300Mbps

11ac登場

無線LANもようやっとギガビットへ到着です!
こんにちは、LANのスピードには少々うるさい太田アベルです。

関連記事:Mac+Buffaloルーターで無線300Mbpsは可能か

なかなか規格が定まらなかった新しい無線LAN規格「IEEE802.11ac」がついにデビューです。理論上の最高速は6.93Gbpsと、現状主流の有線LAN(1000Base-T)をはるかに超えるスピードが実現可能です。

気になる最初の製品は?

とはいえ、最初に出てくる商品はドラフト対応の1.3Gbps(1300Mbps)の商品。

無線LAN大手のバッファローNECは早くも11ac対応の無線ルーターを発売予定。予想は親機のみで2万円前後。もちろん子機も11acに対応していなければ、1.3Gbpsは実現できません。(11nトリプルアンテナでMac450Mbpsまでぐらい?)

Macは夏ごろの新モデル(?)で11ac搭載がウワサされていますが、もちろん不明。当面Macで11acを使いたい場合は11ac対応のUSBスティックか、無線to有線LANのコンバーターを使うことになります。

バッファロー 11ac対応ルーター

AirStation
WZR-1750DHP

Amazonの価格を見る
楽天の最安価格

NEC 11ac対応ルーター

Aterm WG1800HP
(PA-WG1800HP)

Amazonの価格を見る
楽天の最安価格

1.3Gbpsがフルに出せれば、現状の有線ギガビットLANと同等の速度が出せそうですね。

私のように無線経由でNASを使っている人には朗報です。

パソコン側の準備も必要

LANの速度ばかりに目が行きますが、パソコン側の準備も必要です。

特に問題が出るのは「USB2.0」を使っているパソコン。

1300Mbpsもの速度が出せる11acですが、USB2.0は上限値480Mbpsまで。つまりUSB2.0ではどう工夫してもフルスピードは出せないということになります。

Macでは最近になってようやっとUSB3.0が搭載されつつあります。USB3.0の無線LANスティックを使えば、フルスピードは十分可能です。

USB2.0しかないMacやパソコンは、11acに対応したコンバーターで有線LANに変換し、有線LANポートを使って通信すればOKです。(現状では親機しか発売されていないので、親機2機買いという暴挙が必要)

それぞれの状況ごとに解説図を用意しました。

11ac説明1

11ac説明3

11ac説明2

有線LANもがんばり中

もちろん有線LANも10G、40G、100GBase-Tなどの超高速規格が策定中ですが、ノイズの問題などが多くまだまだ主流には遠そうです。(10GBase-Tは実現されていますが、LANカード1枚で7万円近くするなど、とても個人では買えません)