ブログ

まさかこの板がゲーミングパソコンだとはだれも思うまい…G-Tune NEXTGEAR-SLIM is100レビュー!

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

ゲーミングPC専門ブランドG-Tuneから、見たこともないようなデスクトップPCが発売されました!その名も「NEXTGEAR-SLIM is100」。

SLIMってなにがSLIMなの?と思いますが、見れば納得本体がまるで板のように薄っぺらいのです!立てるためにはスタンドが必要になるという始末!

しかし!実はCore i7GeForce GTX 1070を搭載し、ハイクラスの実力を持つゲーミングマシンなのです!どう見ても板だけど。

さっそくレビュー!

スポンサードリンク

デザイン

この発想はなかった。と思わずつぶやいてしまう驚きの形。

まずこちらが正面。これだけ見せられると「どれだけでかいデスクトップマシンなんだ」と思ってしまいますが・・・

横に回ってみると、なんだこの薄さ!わずか22mmという、ノートパソコンも驚く薄さになっております。まるでどこかの国の遊園地にあるハリボテの建物みたいだ。

マットな黒と赤いラインで引き締まったデザイン。G-Tuneのロゴが力強い。

重さはわずか1.75kg。15インチのノートパソコンと同じぐらいですね。

ただしACアダプタはハイパワーなものを採用していますから、大きくて重い。800gほどありますので、屋外に持っていくのはきびしい。家の中の移動ならラクラクです。

強力なパワーを秘めている

この薄さですから、機能はかなり妥協しているのだろう・・・と心配になりますが、全くそんなことはありません。

Core i7-6700HQ、GeForce GTX 1070、8GBメモリにSSDと、重量級ゲームでも対応できる必要十分な装備。

メモリやストレージはカスタマイズも可能で、最大32GBメモリ、512GB M.2 SSD、1TB HDDなど複数ストレージも可能!(ゴールドモデル

ゲームだけではなく、プロのグラフィックデザインや3Dムービーの作成などにも使えるほどのマシンに仕上がります。

スペック

スペックを見ておきましょう。よくこれだけの機能をこの薄さに入れたな・・・と感心しますね。

項目 スペック
OS Windows 10
CPU Core i7-6700HQ
CPUコア/スレッド数 4コア / 8スレッド
メモリ 16GB
メモリスロット (空きスロット) 4(2)
グラフィックス GeForce GTX 1070
ストレージ 256GB SSD
ストレージ 1TB HDD
光学ドライブ なし
ポート類 HDMI x1、mini Display Port x2、USB3.0 x3、USB 3.1 Type-C x2、SDカードリーダー
Bluetooth あり
無線LAN(Wi-Fi) 802.11 ac/a/b/g/n
有線LAN あり
サイズ 22×385×274 mm(スタンド含まず)
重量 約1.75kg(本体のみ)

スタンドで立たせる

ちなみに、NEXTGEAR-SLIM is100はこのように立てて使うのがデフォルト。寝かせて使うことは想定されていませんので、机の中や棚の中に寝かせて使おうと考えている人は、あきらめて机の上で使ってください。

裏側にはこのような通気口が多数空いていて、GeForceの発する熱をコントロールしています。

寝かせてしまうと通気口が全てふさがってしまい、非常に危険。高熱でマシンが暴走したり、最悪壊れる可能性も高いでしょう。

立てて使う際もカベにべったりくっつけず、放熱面にしっかりと空間を持たせるようにしたいですね。

これがスタンド。特にロック機構などはなく、NEXTGEAR-SLIM is100をスポッとさすだけでOK。

接地面積は非常に小さい

この薄さですから接地面積は最小限です。狭い机の上でもラクラク置けるはず。

ゲーミングマシンというとほとんどは中~大型のタワー型で、机の上に置くとディスプレイが置けなくなるほどの大きさですが、NEXTGEAR-SLIM is100ならうまく設置すれば15cmもあれば十分狭い日本家屋にうってつけのマシンなのです!

豊富なポート類

この薄さですがポート類は充実しています。様々な機器を使うゲーミングマシンには、このポート数は心強いですね。

上面には電源、HDMIポート。

前面、背面にUSBやDisplayポート、LANポートやSDカードリーダー。

ただ、正面、上面、背面と3箇所に散らばっているのが気になるところです。。

特に、常時接続しておく電源ポートとHDMIポートが上面にあるのは非常に疑問です。配線が上を向いてしまい美しくないですね。

通常挿しっぱなしになるポートはなるべく背面に持っていき、USBやVRで使うHDMIポートを前面に集めるなど、もうひと工夫がほしいところです。

ファンはとても静か

起動してみると、ファンの音は非常に静か。負荷がかかっていないアイドル状態なら、近寄らないと聞こえないほどのささやかな音です。

ゲームなどで高負荷となるとファンも高回転になりそれなりの音がしてきますが、音質は低音で、耳障りではありません。

最高回転時でもフォォーーという低音で、音量もそんなに耳障りではない範囲に収まっています。とはいえ一般的なパソコンよりは音は大きいので、気になるならヘッドホンなどをしてプレイするのもいいでしょう。

WTS的まとめ

ゲーミングデスクトップはほとんどが大きすぎて、机の上に置けるものは少ないですが、NEXTGEAR-SLIM is100本当の意味で「デスクトップ」なパソコンです。日本の住宅向けのコンパクトでハイパワーな一台。

いろいろな場所に置けるので、例えばリビングのTVの横などに設置すれば、いつでも大画面でゲームができる環境ができそうです。

次回はベンチマークなどをとり、より詳しく機能を見ていきます。

 

G-Tune NEXTGEAR-Slim is100のキャンペーン情報はこちらから!