Windows 10インストールDVD、ISOファイルを作る方法

Windows 10はWWindows 7、8から無償アップグレードが可能です。

それ以外にもISOファイルをダウンロードし、DVDなどに焼き付けてクリーンインストールする(ブートディスクの作成)ことも可能です。
(※ただしクリーンインストールにはWindows 10のライセンスキーが必要です。Windows 7や8のキーは使用できませんでした。当たり前ですが試してダメでした。)

 

今日はWindows 10 ISOファイルのダウンロード方法です。
あ、もちろん違法な手段ではなく公式サイトからのダウンロードですよ。念のため(;^^

スポンサーリンク

Windows 10 ISOファイルのダウンロード

まずは公式サイトの「Windows 10のダウンロード」ページヘ移動します。

image

 

下部にツールのダウンロードボタンがあります。32ビット、64ビットがありますので、使っているWindowsに合わせたものをダウンロードします。

試したところ、どちらかのツールでも32ビット用もしくは64ビット用のISOをダウンロードできました。両方ダウンロードする必要はありません。

image

 

もしビット数が不明な場合は、「システム」のパネルを見ると書いてあります。

image

 

ダウンロードすると「MediaCreationToolx64」もしくは「MediaCreationTool」というファイルができます。ダブルクリックで起動します。

下図のような画面になります。今回はISOのダウンロードなので下の「他のPC用にインストールメディアを作る」を選択して、次へ。

screenshot_0225

 

ここで言語やエディション、アーキテクチャを選択できます。
アーキテクチャは32、64、もしくは両方というメニューがあります。

screenshot_0226

試したところ、「両方」でダウンロードすると、32と64が一つになったISOがダウンロードされます。容量が6GB近くあり、DVDに焼くとしたらダブルレイヤー(2層)DVDディスクと対応したドライブが必要になります。(通常のDVDは4.7GBまでしか入らない)

USBメモリなら8GBの物が必要になります。ブルーレイディスクなら余裕です。

ダウンロード時間もかかるので、通常は自分で使うアーキテクチャのみ選択することをおすすめします。どちらか選択すれば容量は3GB程度です。

 

 

次に転送先の画面になります。ここでUSBフラッシュドライブを選ぶと、USBメモリなどに直接書いてくれるっぽいです。(未確認)

今回はISOファイルがほしいので下を選択。

screenshot_0227

 

ダウンロードが始まりました。
光回線でおよそ10分程度かかります。ADSLだと数時間掛かる可能性もあります。気長に待ちましょう。

screenshot_0228

 

この画面が出たら完了です。
指定した場所にISOファイルができあがっているはずです。

screenshot_0229

WTS的まとめ

DVDやフラッシュメモリのWindows 10を作っておけば、ゼロからコンピュータにインストールする作業が格段に速くなりますね。やたら空っぽのパソコンを買う人におすすめ!(そんなにいないか)

会社で一斉に入れたい場合も役立ちますね。