LAN経由で離れたMacの電源を入れてみる(Wake On Demand)

先日、こちらの記事へ「WZR-600DHPでMacのWake On Demandはできるの?」と質問のコメントをいただきました。

答えから言いますと「似たようなことはできる」となります。

ちなみにWake On DemandはAppleでの名称になります。

一般的にはLAN経由でパソコンを起動することを「Wake On Lan(WOL)」と言っています。(Appleの場合はただ起動させるだけではなく、ほかにもいろいろ便利機能があるようですが)

今日はWZR-600DHP(レビュー記事はこちら)でMacのスリープを解除する手順を解説します。

Macの準備

まずLAN経由でスリープを解除したいMacの設定です。

今回はMacBook Airを実験台にします。

IPアドレスの確認と設定

WOLを使うには対象マシンのIPアドレスを知っている必要があります。IPアドレスは以下のように調べます。

システム環境設定を開き、ネットワークを選択。

システム環境設定

Wi-Fiや有線LANなど、接続している回線を選択します。
すると右側に「IPアドレス192.168.・・・」などの数字が並んでいます。(まったく違う数字の場合もあります)
これが「IPアドレス」です。

ネットワーク IPアドレス

また、もしできるのであればIPを固定すると毎回同じアドレスを持つようになりますので、
マシンを探すのがカンタンになります。

電源の設定

次に電源の設定をします。

システム環境設定 > 省エネルギー を開きます。

システム環境設定

右側の「電源アダプタ」のタブを選択。
下側に「ネットワークアクセスによるスリープ解除」という項目がありますのでこれをチェック。

省エネルギーの設定

ノート型Macの場合、

  • ディスプレイを開けておく
  • 電源を切らず、スリープの状態にする

という条件がありますのでご注意ください。

スリープで終了させる

ルーターのページを開く

次に、ブラウザを開き、下記アドレスを開きます。(これはWZR-600DHPにおける解説です。AirMacなどでは違う設定方法、画面になります。)

http://ルーターのIPアドレス/hosts.html

例えばルーターのIPアドレスが「192.168.15.1」だとすると、

を開くということです。

すると接続されている子機が一覧になって表示されます。
MacBook Airのアドレスを見つけます。
(表示内容は各家庭で大きく変わりますので、下記の通りではありません)

WZR-600DHP 子機一覧

アドレスの横に「WOL」と書いた次のようなアイコンがあります。

これをクリック

すると、MacBook Airの画面は暗いままですが、スリープが解除されLANに現れます。
これで離れたMacの起動が確認できました。

WZR-600DHPのマニュアル

以上の作業はWZR-600DHPのマニュアルにも説明があります。マニュアルはこちら

http://manual.buffalo.jp/buf-doc/35012688-02.pdf

209ページあたりに記述があります。

普段は停止しいるサーバーを起動するのにも使えますね

Macの「画面共有」機能を使えば、

  1. スリープで解除し
  2. 画面共有で操作
  3. 画面共有内でスリープする

という作業も可能です。

普段は停止させているサーバーも、離れた席から操作、終了が可能です。ベンリですね!

以上でMacのWake On Demand(Wake On Lan)の解説でした!