VirtualBoxのVMが起動できない(supR3HardenedWinReSpawn / セッションが接続できません)

Oracle VirtualBoxで突然VMが起動しなくなりました!

その調査と対処の記録です。

スポンサーリンク

環境

使用環境は以下の通り。

  • Windows 10 Pro 64ビット
  • VirtualBox 5.2.12 r122591
  • Vagrant 2.1.2
  • 仮想OS Ubuntu Server

エラー内容と対処

Error relaunching VirtualBox VM process: 5

Command line: 'AAAAAAAA-AAAA-AAAA-AAAA-AAAAAAAAAAAA-suplib-3rdchi|d --comment WebComList_default_1530255199376_89241 --startvm BBBBBBBB-BBBB-BBBB-BBBB-BBBBBBBBBBBB --no-startvm-errormsgbox "--sup-hardening-log=0:¥VirtualBox VMs¥VMNAME_default_1530255199376_89241¥Logs¥VBoxHardenin9.log"'
(rc=-104)

Please try reinstalling VirtualBox.

where: supR3HardenedWinReSpawn what: 5 VERR_|NVAL|D_NAME (-104) -Invalid (malformed) file/path name.

 

エラー内容は上記の通りで、いまいち要点を得ません。

VirtualBoxは毎日使っているわけではないので、最近のWindows Updateが原因なのか、それとも最近入れたアプリやそのバージョンアップで起こったのか、特定が難しい状況。

このダイアログだけを見るとVirtualBoxを再インストールしろ、という対処しかわかりません。しかし、何度再インストールしても同じ症状です。

 

詳細ログをあたってみます。

エラー(Error)でフィルタをかけると「wintab32.dll not found」などの文字があります。

確かに C:\Windows\System32\wintab32.dll が見つかりませんが、正常に動いているほかのマシンを調べてみてもありませんでした。これが原因ではなさそう。

 

ネットワークかもしれないと考え、ホストネットワークマネージャから仮想LANを全削除、新規追加をしてみますが・・・これもダメ!

 

完全に打つ手なしとなり、イチかバチかセキュリティソフトのカスペルスキーを終了(一時停止ではなく終了)をしてみると・・・動きました!

すっごい時間かかった!

つまり何らかの理由でカスペルスキーがブロックしてしまっていたんですね。Vagrant + VirtualBoxという組み合わせなので複合要素がいくつもあり、だいぶ遠回りしてしまいました。

完全な対処は検討中

原因がカスペルスキーとの相性というところまではわかりましたが、カスペルスキーでVirtualBoxを「許可」指定しても症状が変わらず。

やはりカスペルスキーを完全終了しないと動きません。

カスペルスキー VirtualBox許可の画面

カスペルスキーを終了したら完全無防備ですので(;´∀`)、有効な対処ではありません。

ただ、Windows Defenderでは問題が起きず。カスペルスキーより許可がゆるいのでしょう。

現在他の手がないか、対策検討中です。(カスペルスキーサポートと相談中。わかりましたらまた追記します。)

WTS的まとめ

VirtualBoxが原因不明の起動不良になったら、まずセキュリティソフトとの相性を見てみてください。

コメント