TortoiseSVNがSVN 1.7に対応しています

SVNWindowsでSubVersionを使うなら必須のソフト「TortoiseSVN

最新バージョンでSubVersion 1.7に対応しました。

Subvertion1.7で変わったこと

Subvertion1.7ではいままで各「.svn」という隠しフォルダが作られ、この中に履歴情報が保存されていました。

1.7ではルートのみに.svnが作られ、ここで一括管理されます。

今までよりも容量の無駄遣いが削減され、速度も上がるようです。

TortoiseSVNの対応

あたらしいTortoiseSVNでは、過去のバージョンのSVNフォルダを右クリックすると、更新のメニューが現れます。

image
(Upgrade working copyが更新メニューです)

このメニューを選択するローカルコピーが最新に置き換えられます。

その後は通常通り、コミット、更新が行えます。

TortoiseSVNのダウンロードはこちらから