”デフォ装備”でCore i9-9900Kを全コア5.0GHzにOC!サイコムから強烈なコラボモデルが登場

筆者もたびたび注文している、非常に柔軟なカスタマイズPCを販売する@Sycomから、Core i9-9900Kを”デフォルト”で全コアMAX 5GHz動作にした、強烈なモデル「G-Master Spear Z390 Taichi OC」が登場しました!

いいですか。1コア、2コアの5GHzではありません。

8コア同時にMAX 5Ghz動作です。

しかもこれが保証付きのショップ製品というのですから、「保証しちゃって大丈夫かよ?」と思わず言ってしまいます。

 

サイコムとASRockのコラボレーション、そして世界的に有名なオーバークロッカーNick Shih氏がプロデュースし生まれた今回のモデル。

このモデルのためだけにNick Shih氏が専用BIOSを開発してしまったという、とんでもない力の入れよう。おかげで5.0Ghz動作時でも十分な安定を保つとのこと。

安心して強烈なスペックを購入できるのです。

スポンサーリンク

今回レビューしている商品はこちら

スペック

CPUIntel Core i9-9900K(Coffeelake Refresh)OC(Max 全コア5.0GHz)
CPUクーラー240mmサイズラジエータ水冷一体型CPUクーラー CORSAIR Hydro H100i Pro RGB
マザーボードIntel Z390チップセット
メモリDDR4-2666 16GB(Ballistix Sports LT 8GB×2)
ストレージM.2 PCI-E SSD ADATA XPG SX8200 Pro 512GB
グラフィックNVIDIA GeForce RTX2060
OSWindows 10 Home
電源ATX 750W (SST-ST75F-GS V2) 80PLUS GOLD

 

価格は272,700(税込)となっており、全コア5Ghzという常識を超えたスピードを実現するPCとしては、「けっこうおとなしいな」という価格。

 

もちろん@Sycomなので、ありとあらゆる部分をカスタムして注文が可能。

デフォルトでハイスペック仕様なので、実際あまりいじる必要はありませんが、資金の余裕があればグラフィックボードはぜひアップグレードしたい部分。

標準のRTX 2060も十分高性能ですが、せっかくの5GHzを存分に活かすのなら、さらに上位のグラフィックを積んでおきたいところ。グラフィックの充実感が違います。

コンシューマ最上位のGeForce RTX 2080 Tiはもちろん、科学技術レベルの計算もこなすGeForce TITAN RTXまでもが選択可能です。

ストレージの容量やサウンドボードなど、さらにこだわりたい部分も徹底的に選べます。

WTS的まとめ

自作PCでギリギリアタックとして5GHzを達成したのではなく、常に全コア5Ghz動作の準備ができている、保証付きのショップ製PCです。

周りより一桁違うパワーを手に入れたい、5Ghzというとんでもないクロック数をながめてニヤニヤしたい(笑)、そう思ったらぜひ見てみてください!

コメント