ヌルヌル動く!セラミックを採用した超すべるマウスを買ってみた!サンワ 400-MA082

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

パソコン周辺機器で有名なサンワから、なんと機能とかデザインではなく「マウスソール」にこだわったマウスが発売されました!

普通は低摩擦のプラスチック素材のソールですが、400-MA082セラミック製のソールを採用!すべるように軽く動くとのうたい文句。果たして本当なのか!?

さっそく買ってきましたのでレビューしますよ!

記事中の商品/サービス

デザインをチェック

さて、届きました!今回は発売したばかりでアマゾンでも並んでいなかったため、サンワダイレクト Yahoo!ショッピング店にて購入。(ポイントがあったので)

箱はマウスよりちょっと大きい程度の、小さなもの。高級感を感じさせるデザインですね。

SANWA 400-MA082 Mouse Review-01

こちらが本体。今回はレッドの無線タイプを選択しました。他には黒があります。また有線タイプもあります。有線タイプは少し安い。

無線タイプ
有線タイプ

赤は派手すぎず、落ち着きのある色です。表面はサラッとしていて、マットな光沢感があります。

SANWA 400-MA082 Mouse Review-02

上面には左右クリックボタン、ホイール、DPI切り替えスイッチ、LEDがあります。LEDは電源を入れたとき、DPI切り替え時に赤く光ります。

SANWA 400-MA082 Mouse Review-11

DPIは800カウントと1600カウントの2種類。ゲーミングマウスほどは細かく変えられませんが、切り替えがあるのは便利ですね。普段は800カウント、大きくザッと動かしたいときに1600カウントにすると快適。

サイドには戻る、進むボタン。

SANWA 400-MA082 Mouse Review-04

底面には電源ボタン、電池ボックス、USBドングルの格納スロットがあります。

SANWA 400-MA082 Mouse Review-09

ちなみにUSBドングルですが、爪をかけて取り出そうとすると意外に固く、引っぱると勢い余ってピンッと飛んでしまうことが多々ありました。改善希望。

本体は66g(電池含まず)とかなり軽量。

大きさは中~小さめという感じで、女性でも楽に持てそう。男性の手ならすっぽりと覆える大きさ。指先だけで持つ「つまみ持ち」でも、楽に動かすことができます。

SANWA 400-MA082 Mouse Review-07 SANWA 400-MA082 Mouse Review-08

クリックボタンは外側に向かってなだらかに低くなっていますが、もう少しふくらみがある方が僕は好きです。

SANWA 400-MA082 Mouse Review-03

本気で驚く”すべり”

さて!本機の最大の見どころはこれ「セラミックソール」!!(写真の丸い部分)

SANWA 400-MA082 Mouse Review-06

マウスの底面にはプラスチックのようなパネルが付いていると思います。これを「ソール」と呼びます。ほとんどのマウスでは、プラスチックの低摩擦素材が使われています。

このソールは使えば使うほどキズや摩耗で消耗していき、どんどんと動きが悪くなります。

ザリザリして全然動かないマウスってありませんか?あれはソールが完全に消耗しているものです。そのまま使っていると手首や腕に負担がかかって、肩こりや腱鞘炎の原因にもなるので、注意が必要です。

対して今回の400-MA082は、その名の通りセラミック製

爪でつつくと「カチカチ」という非常に固い音です。色は黒なのですが、表面は鏡面磨きされ、顔がくっきり映るほどピカピカ。

動かしてみると・・・

なんだあああああこれは!ヌルヌル動く!(;´Д`)

木の机だろうが事務机だろうが、布の上だろうが、まるでオイルとか氷の上をすべっているようななめらかさ!机によっては指ではじくと30cm以上も滑走するほどの低摩擦!

あれですあれ。ボウリングにそっくり。

bowling-596766_1280.jpg

オイル塗りたてのボウリング場で球を投げると、ツツーーッとすべっていきますよね。あの感覚です。もしくはローラーが付いているかのような感覚です。とにかくいままで味わったことのないスベリ。

マウスを動かすために手首にほとんど力が要りません。それこそ、つまみ持ちの親指と薬指の2本だけでもラクに動かせるほど軽い!マウスで腱鞘炎になる人も多いですが、この軽さなら軽減できるかもしれません。

ただ、人によっては「スベリすぎて扱いずらい」と感じるかも。特にAdobe Illustratorなどで細かい作業をする場合、布のマウスパッドでないと細かい部分が合わせづらかったです。

ケズレ耐性も高いか?

上でも書きましたが、普通のプラスチックソールはどんどん摩耗していきます。高額なマウスでも1年酷使すれば、かなり動きは悪くなります。高級機には交換用ソールも販売されているほど。

対して400-MA082セラミック。セラミック素材は、摩擦に対する強度も非常に高いことでも知られています。

とはいえたった1日しか使っていないので、耐久度は未知数です。また継続レポートをしようと思います。

欠点はボタンの固さ

良いところが多いマウスですが、欠点はボタンの固さ

メインのクリックボタンは問題ありませんが、サイドの進む/戻るボタン、ホイールクリックボタンが固すぎです。

特にホイールボタンはかなりグイッと押さないといけなく、ブラウザを連続して閉じたりすると人差し指が疲れます。

サイドのボタンもけっこう固め、そしてカチカチと音が大きいです。内部に響くのか、「カキッカキッ」という音が聞こえます。

ちなみに戻るボタンは親指の第一関節で押すようにすると、まあまあ軽く押せるかなと。

他の部分が良いだけに、ボタンの調整がよけいに気になりました。

WTS的まとめ

セラミックソールはすごい!文句なしのスベリの良さです!

マウスの形や機能はみんないろいろこだわりますが、ソールにこだわったマウスはたぶん初めてなんじゃないでしょうか。

ある意味革新的なマウスです。宣伝を見たとたん1秒で注文してしまいましたからね!

実際、スベリの悪さに悩む人は多いと思います。気づいていなくても、スベリの悪いマウスで手首を痛めている人も多いはず。そういう人にも使ってみてほしいです。

サンワはセラミックソールをLogicoolとかMicrosoftとかSteelSeriesなんかにOEMしてほしい。特にMicrosoftのスベリの悪さは折り紙付きですので・・・

コメント