最強GeForce RTX 2080 Tiが23,178円引きクーポンで11万円台!

セール情報タイトルロゴ

コンシューマ最強のGeForce RTX 2080 Tiが、23,178円引きクーポン11万円台です!

142,978円(税込) – クーポン 23,178円 = 119,800円!(税込)

新品のRTX 2080 Tiとしては底値に近いのではないでしょうか。RTX 2080 Superがだいたい10万円ギリギリのところなので、あと少し足してTIが手に入るなら、狙いたいところ。

セールをしているのはNTT-Xストア(会場はこちら)

ブランドはMSIの「GEFORCE RTX2080TI VENTUS GP OC」。

デュアルファンで286mmの長さ。nCASE M1のようなMINI-ITXケースにも、ギリギリ収まるサイズです。※ただし厚さが50mmなので、下方向の余裕がないと入らないかもしれません。ケースの仕様書をご確認ください。

また電力にも注意。

Core i7 + RTX 2080 TIの構成ですと、ピーク時は400Wを超えることもあります。最低でも600Wクラスの電源ボックスを用意しておきたいところ。500Wではかなりキワドイと思います。

記事中の商品/サービス

今買うのはオトクか?

次のGeForce(以下3000シリーズ – あくまで仮称 – )のウワサもちらほら出てきていますが、早くても夏の発表で、発売は秋ごろになるのでは?と僕は考えています。(当たらなかったらすみません)

発売したとしても、しばらくは価格は定価付近になります。RTX 2080 TIの場合、発売直後は20万円という激しいプライスでした。RTX 3000シリーズがいくら素晴らしいスペックでも、発売早々に買うのはなかなか無理があります。

また、GeForce RTX 2080 TIは序列として3080と互角ぐらいのスペックになるはずです。GTX 1080 TiはRTX 2080程度のスペックでした。(ただしDXR部分は別として。3000シリーズはDXRの部分により力を入れてくると予想されています)

RTX 2000 Tiなら、リアルタイムレイトレーシングもかなりの速さでこなします。3070や3080とは大きく変わらないのでは、と予想します。

それならば、3000シリーズをひたすら待ち続けるのではなく、現在最高スペックであるRTX 2080 Tiをお得な価格で買うというのは、十分「アリ」の選択ですね。

d払いならNintendo Switchも当たる!

また、大人気すぎてどこにもないNintendo Switchが当たるキャンペーンもチェック。

d払いで払えば、抽選で10名にSwitchが当たります!(要エントリー)

RTX 2080 Tiの買い時を狙っていた人は、急いでチェックしてみてください。

コメント