デザイン 新製品情報

PhotoShop CC 2015が来たよ アートボードの使い方とひっかかりポイント

Adobe PhotoShop CC 2015が公開されました!

ぼくAdobe CCにもアップデートボタンが光りましたのですぐさまポチッとしてみました。まだぜんぜん見渡してないですが、アートボード機能が便利なので紹介。

タイトル画面も変わった

screenshot_0175

タイトル画面が変わりましたね。Illustrator、Dreamwerverも変わっていました。(ほかは未確認)

アートボード

さてアートボードです。Illustratorには前からありましたが、複数のまったく違う書類を一つの画面上にレイアウトできる機能。たとえばリーフレット、CDラベル、POPなどを1枚にまとめておけるわけですね。これは非常に便利です。

PhotoShopでは主にレスポンシブなWebに対して設計されているようです。(もちろん多目的に使えます)

新規作成時、「ドキュメントの種類」を「アートボード」に設定。するといろいろなデバイスの大きさがプリセットできるようになります。

screenshot_0166

作成後はこのような画面になります。

screenshot_0170

アートボードを追加したい場合は、移動ツールを長押し>アートボードツールに変更、画面の空いているところをドラッグすると好きな様に配置できます。

screenshot_0168

アートボードを選択すると上部もしくは右のトレイで大きさの設定もできます。

screenshot_0171

アートボードはレイヤとして管理される

アートボードはそれぞれがレイヤとして管理されています。

ここでちょっと詰まったところ。

最初にアートボード1があり、そこにアートボード2を作ります。

アートボード2を設定し直そうと選択しようとしても、なぜか選択できません。いろいろガチャガチャいじっていたら理由がわかりました。レイヤからアートボード2を選ばないと選択できないんです。

たとえばこの状態でアートボード1を選ぶには、アートボードツールでいくらクリックしても反応しません。レイヤでアートボード1を選択すれば切り替わります。

screenshot_0172

アートボードツールなんだからレイヤ無視で選ばせてくれればいいんですが・・・

WTS的まとめ

またPhotoShopが便利になりました!Creative Cloudを使っていると随時新機能が入ってくるのでうれしいですね。