箱から出した瞬間から最高のゲーム空間 一体型ゲーミングマシン NEXTGEAR-ONE io500

WTS新商品タイトル

gallery_io500_l_04

ゲーミングノート、ゲーミングデスクトップはたくさん発売されていますが、ありそうでなかったのが「一体型ゲーミングマシン」。

マウスコンピューターから発売されたNEXTGEAR-ONE io500見逃されていたジャンルに挑戦する一台です。

実はけっこう欲しい人が多いんじゃないかな、これ。

一体型パソコン

一体型パソコンはずっと「パソコンに詳しくない人が買う」というジャンルだと思われてきました。実際僕はそう思い込んでいました。

箱から出して電源をつなぐだけで使え、設置もラクですから。

ノートとデスクトップは、

  • ゲーミングノートは部屋が狭い僕のような人が買うジャンル(笑)
  • ゲーミングデスクトップは買った後も改造をガンガン加えたい人が買うジャンル

となんとなく分類していました。

今回マウスコンピューター G-TUNEから発売されたNEXTGEAR-ONE io500タワー型ゲーミングマシンに匹敵するスペックを、わずか33mmのボディに詰め込んでいます!

外観とスペック

直線でまとめたシャープですっきりとしたパッケージング。液晶TVのような雰囲気です。家族が集まる居間に置いたとしても、まったく違和感がありません。

ぱっと見てこれを「ゲームマシンだ!」と言う人はまずいないでしょう。いるとしたら知ってて言ってる確信犯です。

gallery_io500_l_01

シンプルな外観からは想像もできないほど中身はすごい。「ゲーミング」と名乗るのにふさわしいスペックです。

  • 全機i7-4700HQ以上
  • GeForce GTX860M(2GB)
  • メモリ4GB以上
  • 23.6インチFULL HDグレアディスプレイ
  • ディスプレイはタッチパネル (ブロンズカスタム以上)

文句なしのゲーミングフルスペック。”能ある鷹は爪を隠す”を体現しています。一体型パソコンの常識を変えますね。

最廉価モデルと最上位モデルのスペックを見てみましょう。

スペック(ブロンズモデル)

価格 ¥119,800から

項目スペック
OSWindows 8.1 Update 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-4700HQ プロセッサー (4コア/2.40GHz/TB時最大3.40GHz/6MB スマートキャッシュ/HT対応)
グラフィックスNVIDIA® GeForce® GTX860M(2GB)
メモリ4GB PC3-12800 (4GB×1)
ハードディスク320GB SerialATAII 5400rpm
チップセットインテル® HM87 Express
カードリーダーマルチカードリーダー
ディスプレイ23.6型 フルHDノングレア液晶(1,920×1,080/ LEDバックライト)
無線LANインテル® Dual Band Wireless-AC 3160 (IEEE802.11 ac/a/b/g/n)・
BlueToothBluetooth® V4.0 + LE 準拠モジュール
LANKiller™ E2200 (ゲーマー向けに最適化された高速LANを標準搭載)

プラチナモデル

価格 ¥279,800から

項目スペック
OSWindows 8.1 Update 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-4700HQ プロセッサー (4コア/2.40GHz/TB時最大3.40GHz/6MB スマートキャッシュ/HT対応)
グラフィックスNVIDIA® GeForce® GTX860M(2GB)
メモリ16GB PC3-12800 (8GB×2/ デュアルチャネル)
SSD【RAID 0】 2TB (ストライピング)
500GB mSATA SSD Samsung 840EVO シリーズ ×3
500GB SAMSUNG 840 EVO シリーズ Serial ATAIII ×1
チップセットインテル® HM87 Express
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
カードリーダーマルチカードリーダー
ディスプレイ23.6型 フルHDグレア液晶 (10点対応マルチタッチパネル ※Windows® 7 モデルは2点対応/ 1,920×1,080/ LEDバックライト)
無線LANインテル® Dual Band Wireless-AC 3160 (IEEE802.11 ac/a/b/g/n)・
BlueToothBluetooth® V4.0 + LE 準拠モジュール
LANKiller™ E2200 (ゲーマー向けに最適化された高速LANを標準搭載)

それぞれのモデルで大きく違うのはストレージ

ブロンズモデルはHDDが1台のみとなりますが、ゴールド以上のクラスではすべて複数ドライブでRAIDを組んであり、プラチナカスタムモデルともなれば1TB SSD 4台をRAID 0構成ってどんだけやねん!

なぜか関西弁になってしまいましたが、タワー型でもなかなか見ないようなハンパない速度です。

全機GTX 860M

GeForce GTX 860Mを全機搭載しているのも注目です。

一体型は排熱がネックになります。熱量を考えるとGT750M、GT840Mあたりを選びがちな部分ですが、ここはG-TUNE。きっちりGTXを積んできています。

GTX 860Mの実力はというと、

ベンチマークポイント
3DMark (2013 Ice Storm Extreme)137981
3DMark (2013 Cloud Gate)28019
3DMark (2013 FireStrike)3936
3DMark 1120490
3DMark Vantage18339
Crysis 319.05fps
BioShock Infinite42.5fps

重量級ゲームも十分に遊べるスペックです。BioShockが平均42.5fpsって、なかなか見ないような数値。

箱から出して電源をつなぐだけで、すぐに大画面でこのパワーを味わえるんですからうれしいですね!初めてのゲーミングマシンとして良い選択肢です。

(数値はgpubossNoteBookCheckを参照しています)

さらに便利なHDMI入力ポート

NEXTGEAR-ONE io500はゲームマシンとしての使い方だけではなく、大型ディスプレイとしての使い方もできます。

全機HDMI の入力・出力端子を装備しており、

  • サブディスプレイを追加してより広大なデスクトップ環境を構築
  • 家庭用ゲーム機やスマートフォン、ブルーレイレコーダー等の周辺機器の映像を映す事

が可能なのです。

HDMIだけでなく他のポートも充実しており、

  • USB 3.0 ポートを 3 つ、 USB 2.0 ポートを 2 つ、合計 5 ポート
  • ギガビット LAN
  • ヘッドフォン/マイク
  • マルチカードリーダー

も装備。

1台でPCゲームからコンソールゲーム機、ブルーレイ、ビデオ映写をすべてこなす事ができてしまいます。

feature_18

WTS的まとめ

ありそうでなかった一体型の本格ゲーミングマシンという発想。

以前はマニアだけが楽しめた重量級ゲームでも、ここまで手軽に遊べる時代になりました。もちろん基本機能も十分に高いので、あらゆる作業が快適です。

GTX860Mの力で動画編集などの業務でも使えるでしょう。

  • 部屋が狭いけど、大画面でフルスペックゲームを遊びたい!
  • 見た目にもオシャレなゲームマシンがほしい!
  • イカツいゲームマシンは家族にイヤミを言われる!(笑)

そんな時はNEXTGEAR-ONE io500を検討してみてください。

NEXTGEAR-ONE io500公式サイトはここをクリック

gallery_io500_l_01

いやいや、イカツくなければゲーミングPCではないでしょ!という人はDELLのAlienwareなどをどうぞ。トゲトゲしい筐体が激しく光る上に変形します(Aurora ALX)