マイクロソフト一気に5製品発表!Surface Pro 4、Surface Book、Lumiaなど

WTS新商品タイトル

昨日Microsoftの新製品発表会行われました!

一気に5つの大きな製品が発表となり、大変な盛り上がりようです!発表されたものを見ていきましょう。

スポンサーリンク

Surface Pro 4

まずはSurface Proの新型、Surface Pro 4。

12.3インチディスプレイ、SkylakeシリーズのIntel Core CPU (Core M/i5/i7)、4~16GBメモリ、128~1TBのストレージが予定されています。

重量はCore Mが766g、Core i5 / i7は786gと発表されました。Surface Pro 3は798gとなっていましたので、わずかに軽くなっています。

image

Surface Book

つぎに突然登場したのがSurface Book。Proより大きな13.5インチの新シリーズです!

NVidiaのグラフィックスチップ(型番は不明)を搭載することで、より強力なグラフィックス能力を備えるタブレットとなります。手軽に持ち運べるグラフィックスマシンとなるかもしれませんね。

image

ちなみにGPUは下のキーボード部分に入るそうです。ということはキーボード部分を持ち運ばないと高度なグラフィックスは使えないということですね。

image

ヒンジには自由度の高いオリジナルヒンジ「マッスルワイヤ」を装備。360度ぐるりと回転させて、ノートからタブレットまでシームレスに変形できます。

image

Microsoft Band

次はスマートウォッチ。Microsoft Band。

曲面ディスプレイを用いたフィットする形が魅力です。Windowsとどんな形でつながっていくのか、楽しみですね。

image

Lumia 950 / 950 XL

ようやっと出てきた、Windows 10 Phone。Limiaの名前で出てきましたね。Lumia 950 (5.2インチ)と少し大きな950 XL (5.7インチ)。

Cortana搭載で音声操作も可能。iOS、Android陣営にどれだけ食い込めるか、勝負の1台となりそうです。

image

HoloLens

個人的に最強にほしいのがこれ!HoloLens (ホロレンズ)!ついに来年2016の第1四半期から出荷が開始されるそうです!

ただし価格は3000米ドル。現在のレートで360,000円!ぐはっ!たけぇ!

image

Oculusのように頭にかぶるVRデバイスなのですが、それらとHoloLensが違うのは「半透明」だということ。現実世界とミックスして映像が見えるということなんですね。つまり部屋の中に仮想的なオブジェクトを表示して、それをさわる、なんてことが可能になるんです。

image
(画像はMicrosoftのページより)

たとえばプラモデルなんかを組み立てるとき、HoloLensを通して見れば、プラモの上にに組み立て順が浮かんで見える・・・なんてことも可能になりそう。

個人的にものすごい可能性を感じています。ぜひ試してみたい!

WTS的まとめ

HoloLensいいな~!仕事で使えたらメチャ楽しくなりそうですね!