Mac ブログ

MarsEditでもSlugの設定ができたのか!

少し前からMacのブログエディタMarsEditを使っています。

WindowsではMicrosoftのWindows LIve Writerが異常なまでに便利なので、そちらを使っていますが、Macでブログを書くならMarsEditですね。

スポンサードリンク

不便に感じていたこと

不便だと思っていたのはWordPressのSlug設定ができないこと。

SlugとはURLに使われる単語。
MarsEditで何もせず「テスト」という投稿をすると、

https://worktoolsmith.com/テスト/

なんて日本語になってしまいます。

 

別に日本語でも問題なく開けるのですが、微妙に違和感があるので最近はSlugを英語か数字のみに書き直すようにしています。(前の記事は日本語のまんまですが・・・)

 

ということで、

  1. MarsEditで書く
  2. 下書きとして投稿し
  3. WordPressにログイン
  4. Slugを書き直す

という非常に回り道をしておりました。

 

いい加減不便になってきたので、探してみたら・・・

MarsEditで「投稿スラッグ」も設定出来ることを始めて知ったぞhttp://goryugo.com

というページを発見!

できるのか!

ワンタッチか!

とまさにorzな感じ。

 

ということでリンク先でもやり方は出ていますが、ここでも解説します。

MarsEditでSlugをつけて投稿する方法

記事投稿画面を出します。

記事投稿画面を出します

 

メニューバーの「View」を出します

その中にある「Slug Field」をクリック

Slug Fieldをクリック

 

おお!Slugのフィールドが!!

Slugフィールドが登場

投稿してみた

テストしてみました。

適当な数字でスラッグをつけてみます。

Slugをテスト

 

見事にWordPress上で設定したSlugがついています!

これでだいぶ手間が減った〜

 

MarsEditは実はかなり使えますね!

あとはメニューアイコンにh1〜h6とか、既定の文字スタイルなんかを登録出来ればいいなぁ。