30cmで天板透明でキューブ型!?レノボのゲーミングマシンLegionが新シリーズへ!

WTS新商品タイトル

LenovoのオリジナルゲーミングPCブランド「Legion(レギオン)」が、大幅アップグレードを果たしました!

Lenovo Legion Y730 gaming laptop, C730 gaming cube, and T730 gaming tower (front views)

スポンサーリンク

Legion C350

いままでのLegionデスクトップはタワーのラインナップのみでしたが、今回はなんと30cmほど(約 238x358x305mm)大きさしかない小型キューブ型「Legion C530」が登場!

lenovo-cube-legion-c530-4.jpg

しかもただ四角いだけじゃない。

  • 天板が透明で内部部品が見える!
  • しかも内部は赤く光る!
  • 取っ手がついている!
  • 最大GeForce GTX 1060が搭載できる!

見た目も、機能も、かなり刺激してくる内容です!

lenovo-cube-legion-c530-7.jpg

前面はメッシュになっていて、前~後ろへ大風量の空気を通す仕組み。内部がぎっしりと詰まったキューブ型でも、冷却は問題なさそうです。

lenovo-cube-legion-c530-6.jpg

Legion C530のキャンペーンはこちらから

タワー型Legion T530

もちろんタワー型もアップデート。Legion T530となりました。

こちらも前面が大きなメッシュになり、内部はフルカラーに光る!メッシュを通して光が見える演出で、物欲をそそります!

C530同様取っ手付きで、LANパーティーにも持ち出せるという。

もう一つの特徴はCPUがIntelもしくはAMDのどちらかから選べるというところ。

いままでは「ゲームと言えばIntel Coreが強い」と言われ続けていましたが、最新のAMD Ryzenは性能を大幅に強化。Ryzen 5 2600Xなら6コア/12スレッドを実現し、価格以上の性能を叩き出します。

Lenovo Legion T530のキャンペーンはこちらから

ノート型Legion Y530

ノート型「Legion Y530」はデスクトップとは逆方向に、落ち着いたデザインになりました。派手なLED加飾はなく、ゲーミングマシンぽくない感じに。

しかし筐体設計はかなり「攻めて」います!

最大Core i7-8750H / GeForce GTX 1050 Tiを装備できるにもかかわらず、本体の厚さはなんと24.2mm!ゲーミングノートとして極薄レベルまで絞られています。

細いベゼルのディスプレイは、ThinkPadのように180度開くことも可能。

ゲーマーだけではなくて、3DCGデザイナーや動画編集者が持っていても違和感がないデザインです。

Lenovo Legion Y530のキャンペーンはこちらから

WTS的まとめ

ひたすら大きく、派手に!というゲーミングマシンの拡大路線を考え直し、独自のミニマルなデザインへと進化しています!

コンパクトで高性能なマシンがほしいと考えていたら、一度見てみるべきでしょう。

コメント