MacBookがツライチでぴったり収まる!やわらかなフェルトタイプのインナーケースをレビュー

どうも、太田アベル(@LandscapeSketch)です。

先日MacBook Pro 13インチを購入しました。そのわずか2週間後にビッグマイナーチェンジが来たという、パソコンレビュアーとしてあるまじき、ほろ苦い買い物でございました。(遠い目)

さて、MacBook Proをなるべく傷つけないように使いたいのでケースを買ってきましたよ!

まさにジャストサイズで気分がいいケースだった!

スポンサーリンク

デザイン

買ってきたのはInaTeckという会社のフェルトタイプのインナーケース

 

基本的に僕はメインのカバンの中に入れて持ち運ぶので、単体で使えるバッグだとかさばります。薄型のインナーケースタイプを探しました。

メインケースと小さなポーチ付き。マウスやアダプタを入れて持ち運ぶのに良さそうです。

 

色は今回買った明るめのグレーと、濃いグレー。MacBookがスペースグレーなので濃いグレーにしようかな~と悩みましたが、明るいグレーの方を買いました。全く違和感はありません。

この薄さですが手前側に大きめのポケット、裏側に薄めのポケットが2つあります。

 

内側はキメの細かな布が貼ってあり、スレないようになっています。こういう気配りは大切ですね。

ツライチで気分がいい!

さっそくMacBookを入れてみますよ!

左右幅はぴったり。ストンと落ちるように入るわけではなく、少し手で押し込むような感じで入る、絶妙な幅です。

 

そして上下。フチにぴったりツライチ(切れ目にぴったりと合うこと)です!短くもなく長くもなく、これまた絶妙!

厚みもちょうどよく、フタもきちっとしまります。

欲を言えば、留め具はマジックテープではなく強力磁石なら開け閉めがもっとスマートでよかったな~と思います。マジックテープを開けるときの「バリバリッ」という音があまり好きではないんです。

とはいえ、磁力が弱いとMacBookスベリ出て落ちてしまうことがありますので、ここは妥協するところでしょう。

WTS的まとめ

ぴったりサイズで作られているものって本当にいいですね!気分がスッキリします。

フェルトも丈夫そうなので長く使えるケースになりそうです。

コメント