フルスペックのWindows8を手軽に持ち運ぶ、という発想

iPadを始めとする大画面タブレットが、企業で採用されるケースが多くなっています。

しかし、iPad、Androidでは業務用アプリケーションも少なく稼働実績が少ないのも難点。さらにファイルのやり取りや、書類を見る・編集するなどの作業にも制限が多いのが実情です。

はやり事務系にはフルスペックのWindowsが必要だと感じます。

 

そんな中、Windows 8はタッチパネルでの動作を最初から考慮してあり、いままでのWindows資産もそのまま活かせます。

今回はWindows8を十分活かせるタブレットをご紹介します。

スポンサーリンク

お手頃価格のICONIA W510、W700

acerから販売されているWindows8タブレット「アイコニア」シリーズ。

手頃な価格と十分使えるスペックが魅力です。

 

W510

W510はIntel Atom Z2760を採用。
Atomとあなどるなかれ、なんと2コア4スレッド動作!
とはいえ、32bitモードしかない、L2キャッシュも1MBのみと制限は多いですが、動きに問題はなさそう。

重さはたったの580g。

これでWindows機が使えるんですから驚きです。

 

acer ICONIA(アイコニア) W510

Amaozn ¥59,800

W700

W700はタブレットなのに、なんとIntel i3-3217Uを搭載しています。

こちらも2コア4スレッド動作。
i3シリーズなので底力はAtomとは比べ物にならないほど上です。
64bit動作も可能ですので、W700にはWin8 64bitが搭載されています。

画面は11.6インチですが1920×1080の超高解像度。

タブレットということで目の近くで使うので、細かさもそんなに来なならないようです。

 

これだけのスペックにもかかわらず、重さもわずか950g

 

海外でも大評判で、

  • 「とにかく速い」
  • 「ノートPCを買うならこっちだ」
  • 「キーボード・マウスがあればいつでもフルスペックのパソコンになる」
  • 「2台買った」
  • 「ウルトラブックが重く感じる」

と、絶賛されています。

 

acer ICONIA(アイコニア) W700

Amazon ¥71,770

 

ThinkPadの名を冠するタブレット ThinkPad Tablet 2

お次は上部でシックなノートパソコンの代名詞「ThinkPad」シリーズのタブレット。

ThinkPad Tablet 2です。

 

製品に一貫して採用されるシックな黒の外装はいつも通り。

デキル人、な感じを漂わせます。

 

CPUはAtom Z2760。2コア4スレッド動作です。

画面の大きさは10.1インチで1280×800ドットの表示を持ちます。

重さはたったの570g。(367928J)

使いやすい専用のタブレットペンが付いている上位機種(36794DJ)は600gとなります。

 

うれしいのはやはりThinkPadならではの丈夫さ

落下試験、耐圧試験、衝撃試験などなど、持ち運ぶ仕事道具をめざして十分な試験が行われています。

 

公式サイトはこちら(2月4日現在、個人販売はまだ開いていません)

ちなみに楽天ではなぜかもう販売されているようです。