FuelPHP 解説本出た

FuelPHPもVer1.2になり、活気づいてきました!

ようやっと解説本が登場です。

まだまだ無名

私は現在、Web開発はメインのフレームワークにCodeIgniterを使用しています。

非常に高速、柔軟で、規約が少ないためちょっとしたアプリケーションを作るのには重宝します。

ただ重量級のCakePHPと比べたりすると「自動ORマッパーが欲しい」とか、「標準でHMVC環境が欲しい」という欲が出てきます。

そんなCodeIgniterのかゆいところに手が届くフレームワークがFuelPHPです。

解説が少ない

まだまだ解説が少ないのが欠点です。

専門の解説本としても今回がたぶん初めて?(未確認)

Webでも散漫な情報しかない状態です。

FuelPHP入門 の登場はありがたいです。

特徴

CodeIginterとFuelPHPの大きな違いを書いてみます。

FuelPHP

CodeIgniter

ORマッパー

×

標準のHMVC構造

×

PHP最低バージョン

5.3

5.1.6

コマンドによるファイル生成、構造変更

×

ライセンス

MIT

Open Software License 3.0

特に大きいのがPHPバージョン。

FuelPHPは5.2以前をばっさり切ってしまうことで最新のPHP構文を使え、柔軟で高速になっています。
しかし5.2以前しか動かないサーバーではまったく動かせません。

FuelPHPの「Oil」コマンドは非常に便利です。
ORマッピングしながらのファイル生成、構造変更はだいぶ手数を減らしてくれます。

CodeIgniterは最近ライセンスの問題でもゆれています。(自由なソフトには変わりはないのですが、やはり商用で使うとなるとその制限が気になるものです)

FuelPHPはかなりゆるいMITライセンス。

どちらが気軽か?といわれれば私はFuelPHPですね。

FuelPHPも勉強しようと思うこのごろです。