サイコムの遊べるPentium G3258タワーが¥54,540から

WTS新商品タイトル

001
Radiant E3258AE

 

単体で8,000円前後のPentium G3258 “アニバーサリー・エディション”

実はこのCPU、改造好きの人たちに大人気なんです。というのも定格3.2GHzながらクロック倍率がアンロック仕様。しかもオーバークロック耐性も意外に高く、4GHz超えを達成する人たちも多いということ。

コストパフォーマンスもイイ、オーバークロックで遊べるということで人気となっています。

さて、サイコムはこのPentium G3258を搭載したRadiant E3258AEを発売。¥54,540からという低価格ですが、オーバークロックすれば並のゲーミングマシンになってしまう可能性も秘めています。

スポンサーリンク

マザーボード

マザーには倍率を自在に変更できる、Pentium G3258と相性が良いASRock「Z97 Anniversary」を搭載。手軽にオーバークロックが楽しめます。

最大ブースト4.2Ghzまで設定可能!(あたりまえですがオーバークロック数値は保証しているわけではないので、アップは段階を踏みましょう)

CPUファンもENERMAXのETS-N30-HEを採用。TDP 130WのCPUも冷やせますので、オーバークロックの熱をしっかりと受け止めてくれます。

マザーボートの機能も充実しています。

  • A-Style: Home Cloudに対応
  • デジタルPWM、4電源フェーズデザイン
  • 100%導電性高分子コンデンサを使用。通常のコンデンサに比べて安定性が高く長寿命です。
  • オーディオ回路にELNAのオーディオコンデンサを搭載。リーク電流が3μA程度で、非常にノイズレベルが低く、選り好みの激しいHiFi愛好家をも満足させます
  • Intel® Gigabit LANを標準装備
  • 7.1 チャネル HD Audio(Realtek ALC887オーディオコーデック) 搭載
  • SATA 6Gbpsを6ポート搭載

と必要十分。さらにサイコム独自のオマケとしてHDMI > DVI変換アダプタもついてきます。これでDVI端子しかないモニタでも活用できますね。

オーバークロックはカンタン

さて問題のオーバークロック。BIOSに入って電圧とクロック数をいじって・・・という難しい部分はありません。

起動時に「P」キーを押し続けると独自のオーバークロックメニューが登場。ここで好きなクロック数を選ぶだけで最適な設定をしてくれます!これは手軽すぎる。

電源

電源も80PLUS BRONZE認証の500W電源。

グラフィックスカードを追加したり、HDDを複数台積んでも余裕があります。さらに上位電源も選択可能。

オーバークロック体験には持ってこい

とにかくコストパフォーマンスが優れています。

54,450円は内容はOSなしということで、ちょっと玄人向けですが、Windows 8を追加しても68,950円。さらにPentium G3258は価格が安いので、オーバークロックしすぎで焼けてしまってもそんなに痛手ではありません。

オーバークロックを体験してみたい!という初めての人におすすめです。

Radiant E3258AE公式サイトへ

001