爆破予告をさせられたウィルスって、僕には関係あるの?

Hand & Black
Hand & Black Photo by dongga BS

最近ニュースで特集されている「爆破予告」のえん罪。

コンピューターに爆破予告の証拠が見つかり逮捕されたあとで、コンピューターウィルスによる乗っ取りが判明した事件です。

「僕のパソコンには関係あるの?」と数人から聞かれたので、簡単に説明します。

スポンサーリンク

コンピュータを操るウィルスは昔からいる

今回の爆破予告をさせたようなウィルスは、ごく最近発生したウィルスです。

しかし、コンピュータを乗っ取るウィルスはかなり昔からあります

乗っ取りの手口は通称「バックドア」「ルートキット」と呼ばれます。

バックドアとは日本語で「裏口」

バックドアウィルスはパソコンに侵入し、知らないうちに犯罪者が「自由に出入りできる裏口」を開けてしまいます。

自由に出入りできる裏口から、犯罪者はあなたの個人情報、メール、重要な書類などを持っていってしまいます。

それはもちろん犯罪に使用するために

ウィルスは怪しいソフト、メール、スカイプのファイル転送、USBメモリなどなど・・・とにかくあらゆる手段を使って接触してきます。

 

そしてあなたのパソコンに「感染」すると活動を開始します 。

ウィルスが自動で破壊工作を行い、犯罪者のための出入り口を開けるのです。ウィルスは犯罪者の作ったドリルロボットのようなものです。

さらに恐ろしい「ルートキット」

ルートキットはウィルスがパソコンの管理者(最高権限)を乗っ取ってしまいます。

乗っ取りが完了すると、ウィルスは「このパソコンを乗っ取ったぜ!」と犯罪者に知らせます。

すると犯罪者はあなたのパソコンに接続。

犯罪者はすでに最高権利を持っていますのでパソコンは「犯罪者の言いなり」です。(乗っ取られたパソコンは「ゾンビ化」「ボット化」なんて呼ばれたりもします)

 

今回の爆破予告をさせたウィルスは、このようなルートキットに近いものと考えています。

セキュリティソフトが重要

今回の乗っ取りウィルスは最新のセキュリティソフトが対応できないようなものでした。残念ながらセキュリティソフトだけでは防げなかったのです。

しかし、いったん手口がわかれば、セキュリティソフト会社はただちに対応します。

対応が一番早いと私が信頼しているのは「カスペルスキーインターネットセキュリティ」ですが、それ以外の有料ソフト「マカフィー」「ノートン」「ESET」「ウィルスバスター」などでもすぐに対応しているはずです。

無料のセキュリティソフトはどう?

このような最新のウィルスに素早く対応するためには人材と研究費がかかります。そのため、無料で配っているものは対応が遅いのが普通です。

過去に暴かれたウィルスにはほとんど対応できますので、すべてのソフトは否定はしません。ですが、「無料でオススメのセキュリティソフトは?」と聞かれたら「ない」と答えています。

どうしても1円も払いたくない!という人にはマイクロソフトが配布しているMicrosoft Security Essentialsがまあまあ安心です。(重いし、新種対応はそんなに早くありません)

もっとも問題なのは・・・

もっとも問題なのは「セキュリティソフトを入れていない人

私は絶対に許しません!(ここは厳しくいきますよ!)

 

なぜだと思います?

困るのは感染した本人だけじゃないの?と考えていれば大間違いです。

 

例えばあなたの親しいお友達のパソコンが乗っ取られた、としましょう。

過去のメールやアドレス帳が犯罪者に持っていかれました。そこには当然あなたの電話番号や住所、本名が載っていますね。

  • あなたの情報が、オレオレ詐欺をしているような犯罪集団に売られたら?
  • 誘拐を企てるような犯罪集団に渡ったら?
  • ぜったいにバレたくない秘密のメールがバラまかれたら?

考えるだけで恐ろしいですよね。

 

ですが、上のような事件は実際に起こっています。
(情報をバラまく「暴露ウィルス」というものが以前、有名になりました)

パソコンのセキュリティを甘く見た「友達」のせいで、あなたが犯罪に巻き込まれてしまうのです。

あなたがバラまく側にならないように、絶対にセキュリティソフトは入れましょう。

OSのアップデートも大切

忙しい時に限って出てくる「Windowsのアップデート」や「Mac OSアップデート」。

たしかにうざい!と思うこともありますが、非常に大切です。

OSのアップデートはすでに確認されたセキュリティホール(セキュリティの抜け穴)、これから狙われそうな機能などを重点的に修正していきます。

Windowsは感染している特定のウィルスなどを駆除するアップデートも行われています。OSアップデートは定期的に必ず行いましょう。

会社では1週間に1回、毎週土曜日などと決め、行うのが安心ですね。

オススメは

Windowsをご使用なら対応の早さで「カスペルスキーインターネットセキュリティ」をおススメします。

もちろんほかの有料のソフトもみんな優秀です。それぞれに特徴がありますので、各社のホームページを見て決めてください。

私は以下の点で比較しています。

  • 新種のウィルスへの対応は早いか?
  • いくつのOSに対応できるか?(Windows、Mac、Androidなど)
  • 操作は重くはならないか?
  • 価格は適当か?(3,000円~5,000円 / 1年 が標準的な価格です)
  • 複数のマシンに入れられるか?(1~3台)
家族がいるなら3台用のソフトを買い、全員に入れるのが良いですね。

カスペルスキーインターネットセキュリティ

 

トレンドマイクロ ウィルスバスター

ノートン インターネットセキュリティ

マカフィー インターネットセキュリティ

ESET Smart Security

 

無料のものではマイクロソフトが配布している Microsoft Security Essentials です。

ただし!

最初の方にも書きましたが無料のものを過信しないようにしてください。またSecurity Essentialsは使ってみた感じ、他の有料ソフトよりパソコンが重く感じました。

Macのセキュリティは?

以前は「Macはウィルスに強い」と言われていましたが、最近はMacだけを狙うウィルスが急激に増加しています。

Macマルウェアの増加が鮮明に、半数は情報搾取が目的(ITメディア)

また2012年の夏頃には「FlashBack」と呼ばれる乗っ取り系ウィルスが蔓延しました。

Macマルウェア「Flashback」まん延で露呈した米Appleの過失(ITメディア)

 

Macにもセキュリティソフトが必要です。

 

カスペルスキーマルチプラットフォームセキュリティならWIndowsMac、さらには最近ウィルスが多くなっているAndroidスマホにも対応しています。

更新も重要

有料のセキュリティソフトは更新期間というものが存在します。1年〜2年で期間が終わります。(存在しないソフトもあります)

期間が切れてしまうと新しいウィルスに対応できなくなります。

切れっぱなしのセキュリティソフトはほとんど役に立ちません。なぜなら「すでに対策されている古いウィルス」を使う犯罪者などいませんから。

期限切れには十分ご注意を。

 

とにかくセキュリティソフトは必ず入れてください。

あなた自身のためにも、大切な人のためにも。

心からお願いします。