VMware Fusion購入手順書

VMware Fusion 6タイトル

Mac仮想化ソフト「VMware Fusion」は2013年より、公式サイトのダウンロード販売のみに一本化されました。

しかし現在、公式サイトは完全に日本語にされておらず、微妙に買いにくくなっています。今回は最新のVMware Fusionの購入方法を書いてみます。


VMware Fusion 6

※2014年7月よりVMWare社の日本公式サイトがオープンしました!
VMWare Japanで問題なく日本語で購入可能になりました。ぜひご利用ください。


スポンサーリンク

購入手順

このページを別ウィンドウで開き、購入ページと見比べながら購入すると便利です。

ボタンを右クリックしたあと、出てくるメニューから「新しいウィンドウで開く」という項目を選択してください。それぞれのブラウザでは下記のようなメニューが出てきます。

Internet Explorer
internet-explorer
Google Chrome

google-chrome

FireFox

firefox

 

[button size=”lg” type=”primary” url=”https://worktoolsmith.com/2013/12/vmware-fusion-how-to-buy/” text=”このボタンを右クリックして新しいウィンドウを開いてください”]

新しいウィンドウが開いたら右へ寄せておき、次の操作に移りましょう。

VMware公式サイトへ移動

次にVMware公式サイトへ移動しましょう。
下のボタンを押してください。

[button size=”lg” type=”primary” url=”http://www.tkqlhce.com/dc100tenkem183B7BB3132A92748″ text=”VMware Fusion公式サイトへ”]

 

公式ページタイトル画面

vmware-fusion-how-to-buy-01

このような英語のサイトになってしまうはずです。

 

ページを一番下へ送ります。
International Options」という文字がありますので、これをクリックします。

vmware-fusion-how-to-buy-07

 

切り替わった画面の下図の部分に「Japanese Online Store」という文字があります。ここをクリックします。

vmware-fusion-how-to-buy-06

 

日本語ページに切り替わります。
切り替わりましたら「オンラインで購入」をクリックします。

VMware Fusion オンラインで購入

 

もし上記の「VMware Fusion」の画面が出ていない場合、上部のメニューから「製品」をポイントし、「VMware Fusion」の項目を探しクリックします。
パーソナルデスクトップのカテゴリに入っています。

VMware Fusionのページヘ移動

 

VMware Fusionの選択

次に購入するバージョンを選択します。

  • 「オンラインで購入」は新規に購入する人
  • 「アップグレード」はすでにVMware Fusion 4~5を持っている人

と分かれています。

VMware Fusionの選択

 

いずれかのボタンを押すと、このようにカートに入ります。

vmware-fusion-how-to-buy-08

 

拡大して見てみます。
ここで購入する商品、金額、個数に間違いがないかを確認します。
間違いがないようでしたら「今すぐ購入」をクリック。

vmware-fusion-how-to-buy-09

 

 

購入時にVMwareアカウントが必要

実際の購入画面になりますが、VMwareアカウントというユーザー登録が必須となっています。

vmware-fusion-how-to-buy-10

 

すでにVMwareアカウントを持っている人は、メールアドレス、パスワードを入れるだけでOKです。

新規登録の場合の解説をします。
下記画像に詳細な解説をいれました。クリックすると拡大します。

vmware-fusion-how-to-buy-11

 

最終確認と購入

お疲れ様でした。最後の確認です。

下記の画面で金額や個数、購入するグレードを再度確認し、「注文の送信」を押すと完了です!

VMware Fusionの起動キーは登録時のメールに送られます。

もし登録メールが来ない場合は「MyVMware」から確認できます。MyVMwareからの確認方法はこちらのページヘ。

vmware-fusion-how-to-buy-12

 

 

お疲れさまでした!

VMware Fusionを活用して、充実した仕事をしてください!