古いOfficeでOffice2007以降の形式(.docx,.xlsx,.pptx)を開く方法

企業ではいまだに古いOfficeソフト(2000 / 2003 / XPなど)を使っている場合があります。

古いOfficeを使う理由としては

  • 2007以降ではOfficeのメニューなどがガラっと変わってしまったため
  • 古いOfficeで機能が十分で、変える理由がないため

などです。特にメニューが大きく変わり、操作がまったく違うのが問題ですね。

もう一つ大きな理由に「ファイルが変わった」ことがあります。

Office2007以降のバージョンでは「.docx .xlsx .pptx」というファイルが使われており、新しい形式で保存されたファイルは2000/2003/XPではそのまま開くことができません。

ファイルの連携に不便が出て、Officeを古いものに戻す人もいるようです。

このファイルについては無償のオプションソフトを入れることで、古いOfficeでも新しい形式で開いたり保存したりできるようになります。
(ただし、新しい機能などは完全に動かないことがあります)

以下に手順を説明しました。

読み込み用ソフト(互換機能パック)のダウンロード

Microsoft社のページから「Word/Excel/PowerPoint 用 Microsoft Office 互換機能パック」をダウンロードします。

ダウンロードページはこちら↓
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=3

ページ中ほどの「ダウンロード」ボタンを押します。

image

2007のサービスパックの説明が出る場合があります。
Office2007を使っている場合は一緒にダウンロードし、アップデートするとよいでしょう。
2007でない場合は「不要です。続けます」をクリック

image

ダウンロードされると、このようなファイルが保存されています。

image

ダブルクリックし起動します。

インストール

ここからはインストールの手順です。

ダブルクリックすると次のような画面が表示されます。(Windows Vista、7、8では画面が暗くなり、管理者権限の確認が行われる場合があります)

image

同意できる場合は下のチェックを入れ、次へを押します。

image

自動で設定されます。

image

この表示が出れば完了です。

これで今までのExcel、Wordなどで.docx、.xlsx, .pptx」のファイルが開けるはずです。

image

マクロ付きの文書(.docm、xlsm、.pptm)も開けるようになります。

最新のMicrosoft Office

月額サービスのOffice 365なら、Windows、Macにもインストールでき、しかも自分所有の2台のパソコンにもインストールできます!しかも常に最新版!お得なのでお勧めします


Microsoft Office Professional 2010 通常版 [パッケージ] (次期Officeへの無償アップグレード対象)

楽天の最安値