Oculus Touch(オキュラスタッチ) 到着!まずはブツのファーストレビュー!

CV1 タッチコントローラ

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

ようやっと届きました!VRシステム Oculus Rift専用の、空間コントローラ「Oculus Touch(オキュラスタッチ)」です!

待ってた。本当に待ってた。発表があってから実に1年待っていた感じです。
購入記や長いこと待たされた記録はこちら

アメリカからようやっと到着しましたので、さっそくブツを確かめていきましょう!

Oculus Touch

こいつが箱です。

Oculus Rift同様、真っ白の箱にOculus Touchだけが浮かんでいるデザイン。
非常にセンスがいいですね~。

 

開けてみます!

セット内容は、

  • Oculus Touch本体(2個一組)
  • センサーバー
  • 単4電池 2本
  • RockBand

です。

持ってみる

Oculus Touchをじっくり見てみましょう。
大きさは成人男性の手も考慮したであろう、大きめサイズ。もともとがアメリカのメーカーなので、向こうさんのサイズという感じがします。ビックリするほど大きくはない。

右手用。
コントロールスティック、A、Bボタン、丸いタッチ部分、Oculusボタンが付いています。

 

左手用
コントロールスティック、X、Yボタン、丸いタッチ部分、メニューボタンが付いています。

 

スティック部分には自然に指が届きます。
ボタン面はテカリのあるブラック。ちょっと汚れが目立ちそうですね。

 

それぞれのコントローラの裏側には人差し指と中指の位置にボタンが付いています。
非常に押しやすく、かつ間違って押してしまうような位置ではありません。絶妙!

 

人差し指のボタンと中指ボタンの位置関係。

裏側のボタンはストロークがあります。アナログ反応をするのかもしれませんね。

 

持つ部分は梨地加工されていて、滑りにくい。
角度、丸みもちょうどよく、とても手にフィットします。

 

ただ、子どもの手には少し大きすぎるかも。
大人用という感じですね。

電池は持つ部分に入れます。
ぐっと押し下げて、横にずらすとパカっと外れます。

ちなみにフタは磁石で留まっていて、閉じるときは近づけるだけでパチっとはまります。
ツメで留まっていると折れたりしますが、これならずっと使えそうですね。よく考えてある。

 

おまけのように付属する「RockBand」という部品。
電池と一緒に入っていて、なにかと思った。

ハンドル部分にこのように接続して使うようです。
でもどんなゲームで使うんだろ?名前からすると音楽ゲーム用?ギターのピックのような感じ?
ちょっと情報が少なくてすみません。

WTS的まとめ

次回は実際にゲームをプレイして、その感想を書いてみます!

え?なぜ今日やらないかって?
それは妻がノロウイルスにやられてダウン中で、てんてこまいだからです。(;´∀`)

あ~、いますぐ現実から逃げたい!
続報をお待ちくださいませ~