WorkToolSmith NAS転送速度チェック方法

WorkToolSmithではNASのネットワーク速度の検証に、以下の方法を使っています。

FTPでの転送

Windows上で2GiBの空ファイルを作成する

> fsutil file createnew test_file 214783648

そのファイルにcompactをかけディスク上の容量を実質ゼロにし、超高速なメモリから展開転送をすることで、送り側のディスク状況によらない安定した転送を実現する。

> compact /c test_file

1 ディレクトリ内の 1 ファイルが圧縮されました。
合計 214,783,648 バイトのデータが、0 バイトに格納されました。
データの圧縮率は 1.0 : 1 です。

ftpコマンド、もしくはWinSCPにて、「バイナリ」モードで共有フォルダに対して5回転送し、その平均値を得る。

iSCSIでの試験

iSCSI搭載機種では、5GBほどのiSCSI LUNターゲットを作成し、Windows標準のiSCSIイニシエータより接続。Crystal Disk Markにて1GiB読み書きテストを行う。

2~3回をくり返し、大きなブレが無い状態の数値を掲載する。

スポンサーリンク
あとで読むときはポチッ!▼
WorkToolSmith [ワークツールスミス]